10代の緘黙者30人に聞く(英)

2012年10月09日(火曜日)

久々に、場面緘黙症の論文を読んだ感想のようなものを書いてみます。私に学術的な論評はできないので、あくまで感想のようなものです。

今回取り上げる論文は、英国のものです。

Roe, V. (2011). Silent voices: listening to young people with selective mutism. Retrieved from http://www.leeds.ac.uk/educol/documents/203095.pdf

※ この論文は、2011年9月にロンドン大学教育研究所で行われた、英国教育学会の年次大会で発表されています。

■ 概要

10~18歳の緘黙者(一部治った方も含まれています)と、その親30名ずつに質問票を送り、緘黙の経験などを問うています。

著者の Victoria Roe 氏は、英国の緘黙支援団体 SMIRA の Vice-Chair(副委員長?)です。『場面緘黙へのアプローチ』第6章の「学校内で行うインタラクティブ・セラピー」を著しているのも、この方です。

■ 感想のようなもの

◇ なぜこの論文をブログで取り上げるか

なぜこの論文を今回取り上げるかというと、まず第一に、10~18歳という、従来の緘黙関係の論文があまり扱わなかった比較的高い年齢層の緘黙者が調査の対象になっているからです。

もう一つの理由は、当事者や家族といった、私自身と近い立場にある人の声を中心とした構成だからです。こうした論文は珍しいです。また、当事者の話は英語圏でもインターネットや、英国だと最近出た Slipping in and Out of My Two Worlds といった本などで個別的、断片的に読むことができますが、今回の論文は30名といったある程度の数の当事者の話を集め、統一した質問項目への回答というかたちでまとめており、これまた珍しい試みです。

* * * * * * * * * *

◇ 緘黙克服に家族が果たす役割の大きさ

緘黙者やその親を多数集めるのは難しく、今回の研究では、緘黙支援団体 SMIRAの会員から集めるという方法をとっています。このため、30組にのぼる緘黙者と家族を集めることができました。反面、著者も述べているように、この30組が緘黙者の家族の代表とは必ずしも言えないかもしれません。緘黙支援団体の会員に加わるような親は、子どもの緘黙支援にとりわけ意欲的な人なのかもしれません。

緘黙当事者への質問項目の一つに、「緘黙に対処するのに、何/誰が役立ちますか」(What and/or who helps in dealing with SM?)というものがあるのですが、これに対する最も多い回答が「家族、両親、きょうだい」(Family, Parents, Siblings)で、次いで「母」(Mother)でした。もしこの30名の親が緘黙支援団体 SMIRA のメンバーでなかったら、違う結果になったかもしれません。

ですが、緘黙の当事者の中には、家族にさえ緘黙を理解されずに放置されている人がいます。こうした当事者の場合、家族の支援を得られている当事者とは克服の困難さが大きく違いそうです。

◇ 緘黙を自分で克服?

場面緘黙症の経験者の中には、当事者自身に克服のための努力を促す人もいます。英国では知りませんが、少なくとも日本ではネット上でそうした意見を目にすることがあります。特に、緘黙を自分の力で克服したという人に、こうした人がやや多いような気もします。ですが、今回の論文の30名は自分の力で克服するという意識はあまりないようです。

例えば、先ほどの問い「緘黙に対処するのに、何/誰が役立ちますか」(What and/or who helps in dealing with SM?)に「自分自身」(Myself)と答えた人は1名だけでした。一方、「緘黙に対処するのに、何/誰が役立ちませんか」(What and/or who does not help in dealing with SM?)という問いに「自分自身」(Myself)と答えた人も1名だけでした。

また、「他の緘黙で苦しんでいる人への励ましの言葉」(Encouragements for other SM sufferers)という質問項目の中で、「話をしようとするのを恐れてはならない。あなたが話せば話すほど、話をするのが易しくなる」(Don't be afraid to try and talk. It gets easier the more you do it)などといった、他の緘黙当事者に自助を促すメッセージを選んだ当事者も少数派でした。

当事者も嘆いてばかりいないで努力が必要、甘えてはならないといった意見を日本で(ネット上で)時々目にする私にとっては、興味深い結果です。例の30名はまだ緘黙を克服していない人が多いからなのか、日英の文化の違いからなのか、日英の緘黙に対する理解の違いからなのか、それともネット上ではきつい言葉が飛び交いやすいからなのか、その理由は私には分かりません。