岡山市議会で、緘黙などについて長い質疑応答

2012年10月24日(水曜日)

岡山市議会平成22年2月定例会で、緘黙傾向の子どもやその支援機関、通級指導教室(ことばの教室)などについて、長い質疑応答があったのを見つけました。

緘黙児支援の一つの現状を知る上で参考になりそうな話で(平成22年当時の話ですが)、現場を知らない私のような者にとっては、勉強になりました。

下記は、いずれも岡山市議会会議録へのリンクです。ここでは緘黙は発達障害という扱いになっていますし、また、「発達障害を含めた情緒障害」という特殊な包含関係があったりして、少し分かりにくいかもしれません。

○ 則武宣弘議員の質問
新しいウィンドウで開く
※ 長いですが、後半「就学前教育と保育の諸課題についてお伺いいたします」から「本市では,発達障害が疑われる就学前の子どもの支援をどのように考え,支援していくのか。方向性についてお答えください」あたりまで。

○ 奥田さち子保健福祉局こども・子育て担当局長の答弁
新しいウィンドウで開く
※ 前半「次に,就学前教育と保育の諸課題についての項,発達障害児について,発達障害者支援センターで療育を受けることができるか……」から数行。

○ 山脇健教育長の答弁
新しいウィンドウで開く
※ 終盤「次に,就学前教育と保育の諸課題ということの中で,幼稚園に情緒を含めた通級指導ができる教室を設置してはどうかとのお尋ねでございます」から数行。

○ 則武宣弘議員の再質問
新しいウィンドウで開く
※ 最初から通級のところまで。

○ 奥田さち子保健福祉局こども・子育て担当局長の答弁
新しいウィンドウで開く
※ 前半。

○ 山脇健教育長の答弁
新しいウィンドウで開く

感想を列挙。平成22年時点の話ではありますが……

● 早期発見、早期介入が重要といっても、支援の受け皿があるかどうかといった問題がある。

● 場面緘黙症は、発達障害者支援センターの支援対象なのか?

● 特別な支援が必要な子とその親が、「問題を抱えて、丁寧にかかわってくれる人に出会えず、たらい回しにあったり、長い時間待たされたり、不安を胸に路頭に迷う」といったことが起こることがある。

● 特別な支援が必要な子どもを受け入れる体制がどの程度整っているかは、自治体によって違う。

● 特別な支援な必要な子どもの場合、現実問題として病院にかかるのは難しいので、療育という視点が必要?