スクールソーシャルワーカーと緘黙児

2013年03月13日(水曜日)

以下の報告に、スクールソーシャルワーカーが関わった「中高以降期における場面緘黙児への支援」の事例が紹介されています。福島大学レポジトリへのリンクを貼ってあり、PDF 形式で報告を無料で読むことができます。

鈴木庸裕、土屋佳子(2013)「スクールソーシャルワーカー緊急派遣事業における実践と課題」『福島大学総合教育研究センター紀要』14,、23-32。http://ir.lib.fukushima-u.ac.jp/dspace/handle/10270/3742
新しいウィンドウで開く

SSW については、下記のページの説明が分かりやすいです。福島県庁県南教育事務所のページへのリンクです。PDFファイル(188KB)。

スクールソーシャルワーカー (SSW)緊急派遣事業の状況
新しいウィンドウで開く

上記報告は、スクールソーシャルワーカー(SSW)が緘黙の生徒への支援を行った事例を示し、考察した珍しいもので、SSW が緘黙児支援に果たす役割を考える上で勉強になりました。SSW の導入は比較的新たな施策で、緘黙児支援の活動事例の報告はまだほとんどないのではないかと思います(といっても、私は SSW については馴染みが薄く、よく分からないのですが……)。

「場面緘黙は SC の領域であり」(SC は、スクールカウンセラーのことです)と述べられていますが、緘黙の児童生徒への支援には学校、保護者、関係機関の連携が必要になってくる場面はあるでしょうし、特に中学や高校だと、緘黙の生徒と接する教師の数は学級担任に加えて教科担任まで数多くなりますから、報告のように、こうした面で SSW が果たす役割があるかもしれないと思います。

そのほか、興味深いと感じたことです。

○ 「担任に対しては、場面緘黙の当事者団体が発行する小冊子を渡し、関係する教職員と一緒に読んでもらうことにした」(16ページ)

かんもくネットの資料のことと思われます。どの程度かは分かりませんが、教育現場で実際に読まれているようです。

○ 「場面緘黙があると、単位取得に響き、途中で通信制等に進路を変更することも少なくないとのことで」(19ページ)

高校のことですが、このようなことが書かれてあります。確かに「緘黙 通信制 高校」などとネット検索すると、けっこうヒットはします。