緘黙の個人ブログ特集!

2013年05月14日(火曜日)

便利な世の中になったものです。最近、場面緘黙症の支援団体など、何らかの団体や組織のサイトに、緘黙に関する充実した情報が掲載されるようになりました。こうしたサイトは評価が高く、ネットで「緘黙」「場面緘黙症」「場面緘黙」と検索すると、上位にヒットします。

ですがその一方で、かつて検索結果をほぼ占領していた個人ブログや個人サイトは検索エンジンの上位からは押しのけられ、以前に比べると目に入りにくくなりました。なんとかJournal とかいう眉唾サイトもその例外ではありません。

※ 少し話が逸れますが、場面緘黙症Journal は個人サイトです。「このサイトについて」でも、「場面緘黙症Journal は、場面緘黙症(選択性緘黙)に関する情報提供を目的とした個人サイトです」と説明しています。場面緘黙症Journal は、ホームページを主体に掲示板や日記などで構成された古典的な個人運営の緘黙サイトのスタイルを残した、今では数少ないサイトの一つと私は自分で勝手に位置づけています。

ここでたまには懐古趣味に浸ることにすると、何やらさびしいような気もします。最近の個人運営の緘黙サイトはブログが主流ですが、こうした個人ブログには、緘黙の当事者や経験者、その家族たちの生の声があります。中にはかなり興味深い記事もありますし、熱心に更新をしているブログもあります。

今回は、そうした個人ブログの、私なりの探し方を書きたいと思います。ここでお話しする探し方はごく簡単なもので、「それぐらい知ってるよ」と思われる方も少なからずいらっしゃるかもしれませんが、今回の記事の目的は個人ブログに焦点を当てることなのであまり拘りません。私は個人の緘黙ブログ管理者の古株として(場面緘黙症Journal ブログは2006年1月開設)、今回、個人の緘黙ブログを応援する記事を書きたいと思います。


※ 以下は、主にPCでインターネットをする方を前提に書いたものです。モバイル端末でご覧の方は、必ずしもここでお話ししたように検索できない場合があります。申し訳ございませんが、ご了承ください。

* * * * * * * * * *

■ 緘黙の個人ブログの探し方

◇ ブログの探し方

● Yahoo!Japan や Google で「緘黙 ブログ」「場面緘黙 ブログ」などと検索

一番分かりやすい方法です。数多くのブログがヒットします。

● Yahoo!ブログ検索「ブログとの一致」

Yahoo!ブログ検索(ブログとの一致)「緘黙」
新しいウィンドウで開く

緘黙に関するブログが95件確認できます(2013年5月14日現在。一部閉鎖しているブログや場面緘黙症とは無関係のブログもあります)。

● NAVER ブログサイト検索

NAVER ブログサイト検索「緘黙」
新しいウィンドウで開く

緘黙に関するブログが102件確認できます(2013年5月14日現在。一部閉鎖しているブログや場面緘黙症とは無関係のブログもあります)。

● 場面緘黙症 - メンタルヘルスブログ村

http://mental.blogmura.com/kanmoku/
新しいウィンドウで開く

場面緘黙症に関連するブログが42件登録されています(2013年5月14日現在。一部閉鎖しているブログがあります)。最近更新されたかどうか、いつ更新されたかも一目で分かります。

◇ 記事の探し方

● goo! ブログ検索(日付順)

goo ブログ検索「緘黙」
新しいウィンドウで開く

緘黙について最近更新された記事を検索することができます。ただ、「緘黙」は普通名詞でもあるので、必ずしも場面緘黙症に関連した記事ばかり検索結果に出るわけではありません。なお、Yahoo!Japan のブログ検索「記事との一致」でも記事を検索できますが、あまりヒットしないのでおすすめしません。google のブログ検索も、もう一つヒットしません。

● NAVER ブログ検索(更新日時順)

NAVER ブログ検索「緘黙」
新しいウィンドウで開く

先ほどもお話しした NAVER のブログ検索ですが、今回は記事を更新日時順に検索しています。これにより、最近更新された記事の検索ができます。

■ むすび

私の方法などよりも、もっとうまい探し方をご存じの方もいらっしゃるだろうと思います。が、とりあえず私が思い当たる方法をお話ししました。

緘黙の個人ブログの中には、長年更新が滞っているものや、数エントリーを公開しただけで停止しているのがあったりもしますが、それも含めて、当事者や経験者、家族ご自身の言葉によるお話を読むことができます。私自身、緘黙の個人ブログの検索を日課にしており、面白いと感じた記事は、ブログランキングのクリックをしたり、ブログ拍手をしたりしています。こうしたブログは普通に Yahoo!Japan や Google で「緘黙」などと検索するだけでは見つけにくいのですが、今回ご紹介した方法のように、少し検索の仕方を変えるだけで簡単に見つけることができます。