NHK総合「首都圏ネットワーク」で"場面緘黙"

2013年06月20日(木曜日)

6月19日(水)に放送されたNHK総合テレビの番組「首都圏ネットワーク」の中で、"場面緘黙"について言及がありました。ありがたいことに、ある方から教えていただきました。

この日の番組の中に、「知的障害者が挑むホームページ作り」というリポートがあり、その中盤で、緘黙の男性が短い時間ですが登場します。番組内では "場面緘黙" のテロップが、よみがな付きではっきり出ていました。

このリポートは、一時 NHK@首都圏のウェブサイトに「動画チェック」というコーナーで動画が公開されていました。残念ながら、この記事を公開している現在、その動画は見つかりません。もっとも、ひょっとしたら私が見つけることができないだけで、探したらあるかもしれません。

また、「首都圏ネットワーク」ページ内「最新リポート」には、このリポートをまとめたページが掲載されています。ここでは "場面かん黙" と記載されています。リンクを貼りたいのですが、NHK ONLINE はトップページ以外リンク禁止という方針なので、控えておきます。

リポートを見た感想ですが、たとえ話ができなくても、長所を企業がうまく生かすことができれば、緘黙の人でも仕事で能力を発揮できると考えさせられました。リポートで取り上げられた企業は障害(障がい)を持った人たちの弱いところをカバーするとともに良いところを引出し、クオリティの高いウェブサイトを作成して、情報発信力が弱くなりがちな中小企業のサポートに成功しています。障害者雇用が課題になる中、興味深いリポートでした。

[関連記事]

◇ 緘黙者への職場の理解