緘黙症グッズが日本上陸!SMJグッズも販売!

2013年09月13日(金曜日)

アイキャッチ画像。カラフルな箱。
場面緘黙症カードやTシャツ、キーホルダー、バッジ等々(米国製)が、日本で手軽に買えるようになりました。

↓商品のラインナップです。ショッピングサイト Zazzle へのリンクです。
http://www.zazzle.co.jp/elemarth
新しいウィンドウで開く

※ 場面緘黙症は、英語で selective mutism といいます。なお、商品名や解説の翻訳は機械によるもののようです。

Zazzle は以前よりこうした緘黙グッズを取り扱っていたのですが、日本語には対応していないサイトでした。それが、どうやら今年5月から日本語版をオープンしたようです。もっとも、あくまでサイトが日本語に対応しただけで、発送は米国からなされます。

※ 日本語版のオープンは2010年5月の誤りでした。3年も前から日本上陸していたんですね。失礼しました。(2013年9月14日)

これらのグッズのデザインをされたのは、Elemarth さんという方です。フロリダの大学生で、緘黙の認知度向上のために力を注がれているそうです。なるほど、デザインされたグッズは、どれも緘黙の認知度向上に役立ちそうなものばかりです。

■ あなたもオリジナル緘黙症グッズをデザイン、世界販売できる!

この Zazzle というネット販売サイト、なかなか面白くて、自分でカスタマイズした商品を注文できるほか、販売までしてくれます。販売のための出品には、特別な資格等は必要なく、13歳以上の方なら誰でも簡単にできます。Zazzle は世界の幅広い国をカバーしていますから、誰でも自分がデザインした商品を出品し、世界販売することが可能ということになります。もちろん、商品が売れたら、ロイヤルティーを受けとることができます。

試しに、私も場面緘黙症Journal オリジナルキーホルダーの出品を実演してみました。

場面緘黙症Journalキーホルダー
新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

私のような者でも実に簡単にできました。具体的には、場面緘黙症Journal のイメージカラーである緑色のグラデーション画像を自分で用意し、あとは Zazzle サイト上で文字を入れただけです。Zazzle サイト上にあるキーホルダー画像は実物写真ではなく、私のデザインと無地のキーホルダーを合成した写真です。受注製作で、実物の在庫があるわけではないそうです。

私はこうしたデザインは苦手な上、手抜きしてデザインしたため安っぽいキーホルダーになってしまいましたが、もっとそれなりの人がじっくりデザインしてみたらどうなるだろうかと思います。

Zazzle の一つの活用法として、非営利の緘黙支援団体やグループが緘黙の認知度向上につながるオリジナルグッズをデザイン、販売し、そのロイヤリティを団体やグループの運営にあてるという方法が考えられます。海外の緘黙支援グループには、似た試みをしているところがあります。もちろん、個人で行っても面白そうです。

[関連ページ]

↓ PR TIMES へのリンクです。
◇ 米国最大手オンラインデザインショップZazzle  日本語版サイトをオープン
新しいウィンドウで開く

↓ 「ITmedia エグゼクティブ」へのリンクです。
米Zazzleが日本語版を開始:さらに進化するインターネットビジネス
新しいウィンドウで開く

↓ YABURE KABURE へのリンクです。
【今日の世界販売】アメリカの「Zazzle」ショップに登録してオリジナルグッズを世界販売し世界進出する方法
新しいウィンドウで開く