(・x・) ←場面緘黙症の顔文字?

2013年10月31日(木曜日)

アイキャッチ画像。うとうと薄目をあける茶うさぎ。写真素材サイト PAKUTASO より。
(・x・)

私が思い付いた、場面緘黙症の顔文字です。口のバッテンが、声が出ない状態を表しています。

ミッフィー、うさこちゃん(福音館書店)の顔文字とかぶるのが難点です。ただ、それとは別の理由で私自身、あまり気に入ってはいません。

* * * * * * * * * *

場面緘黙症についての海外情報を調べると、ときどき、子どもの口にバッテンが貼ってあるなど、何らかのかたちで子どもの口がふさがれている写真を目にすることがあります。声が出ない緘黙児のイメージなのでしょう。

Google 画像検索 "selective mutism"
新しいウィンドウで開く
※ 場面緘黙症は、英語で selective mutism と言います。

ですが、これはあくまで私個人の感想ですが、少し違和感がないでもありません。話せないことばかり強調しているように思います。声が出ない状態を分かりやすく表しているとは思うのですが……。

「口がふさがれているのが海外の緘黙児のイメージなら、それを単純化して顔文字にしたらこうだろう」と考え、作ってみたのが上の顔文字です。私自身、やはり違和感があります。

日本では、緘黙児・者のイメージにこうした口をふさいだものは見たことがありません。みなさんはどうお感じになるでしょうか。私はどちらかと言えば否定派ですが、感じ方は人それぞれだろうと思います。

なお、この顔文字は、もとは、不眠症、社交不安、場面緘黙症、パニック発作などの問題を抱えたある海外の女性の個人サイトで見かけた (♡・x・♡) という顔文字からヒントを得たものです。この女性がどういう思惑でこうした顔文字を使ったのか、緘黙を意味する顔文字だったのかどうかは分かりません。

[関連リンク]

↓ その女性のウェブサイト。パソコン用。現在は、(♡・x・♡) の顔文字は見られません。
http://ichigou.co.vu/
新しいウィンドウで開く