カースティさん まとめ

2013年11月13日(水曜日)

アイキャッチ画像。花と手紙。素材サイト PAKUTASO より。
最近話題の Kirsty Rose Heslewood(カースティ・ローズ・ヘイズルウッド)さんについて、勝手にまとめてみました。特に、緘黙に注目して書いています。「カースティさん」という呼び方が通りがよさそうなので、今回の記事ではこの呼称を使うことにします。

カースティさんとは?


ミス・イングランド2013。ミス・英国2013。場面緘黙症を経験された、英国の20代半ばの女性です。緘黙は克服されたようですが、まだシャイなところが残っているそうです。

↓ カースティさんの Facebook ページ。Facebook に登録されてない方も閲覧可能。英語ページ。
Kirsty Heslewood, Miss England 2013
新しいウィンドウで開く

現地のメディアは、少なくとも2012年にはカースティーさんを取り上げていました。緘黙経験者がミスコンテストで健闘しているということで、ニュースで扱われました。翌2013年2月には、日本テレビ系番組「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられ、日本においても広く知られるところとなりました。ちなみに、場面緘黙症Journal では、テレビ番組放送前の2012年5月の段階でカースティさんを取り上げましたが、あまり反響はありませんでした……。

カースティさんはかねてよりモデルのお仕事をされていましたが、地元のミスコンテストでグランプリに輝いた後、2013年6月にミス・イングランドに選ばれました。同年9月には、ミス・ワールド世界大会に出場し、127人の世界の代表の中から、セミファイナリストの10人に入る高い評価を受けました(6位)。この結果は、英国から出場した4人のミスのうち最高評価だったことから、ミス・英国のタイトルも獲得しました。

カースティさんは、ミス・イングランドの任務の一環として、在任中、英国の緘黙支援団体 SMIRA をサポートされます。また、日本のかんもくネットや緘黙児、保護者にもメッセージを送られています。
* * * * * * * * * *

カースティさんの緘黙経験は?


4歳の頃、保育園に入園したところ、園で声が出なくなりました。小学校に入学しても状況は変わりませんでした。学校には緘黙の理解がなく、教師は適切な対応や支援を行いませんでした。学校の子どもからは "the girl who wouldn't speak"(話そうとしない女の子)というあだ名をつけられてしまいました。

そんなとき、カースティさんの母親が、カースティさんの家庭での様子をビデオに撮って学校に送り、クラス集会(カースティさん本人も同席)で再生してもらいました。これがきっかけで、学校で話せるようになりました。6~7歳の頃です。ですが、急に流暢に話せるようになったわけではなく、その歩みはゆっくりとしたものでした。なお、このときの対応について、本人に無断で家庭の様子を撮影し見せるべきでないとの意見が日本のネット上で多数上がりました。

カースティさんが「場面緘黙症」を知ったのは比較的最近のことで、2010年2月に放映された BBC のテレビ番組 "My Child Won’t Talk" を見たことがきっかけだったそうです。

カースティさんが獲得した、ミスコンテストのタイトル


Miss Hertfordshire(2012)
Miss North London(2013)
Miss England(2013)
Miss United Kingdom(2013)

ミス・イングランドの決勝で、コンテスト参加の動機について聞かれたカースティさんは、その答えの中で selective mutism(場面緘黙症)という用語を出して話されています。下の動画の2:13から。自分に自身が持てず、緘黙だった経験が、モデル業やミスコンテスト参加の根っこにあったようです。

↓ 英紙 Daily Mail ウェブサイトへのリンクです。英語ですが、動画見られます。
ミス・イングランド決定の動画
新しいウィンドウで開く

最近のカースティさんは?


2013年10月、英国の緘黙支援団体 SMIRA の21周年パーティーに参加されました。

このとき、日本の緘黙経験者からのメッセージがカースティさんに送られたようで、そのメッセージがカースティさんの Facebook と Twitter に投稿されました。メッセージは英訳されています。

カースティさんはまた、日本の緘黙支援団体「かんもくネット」や緘黙児、保護者にメッセージを送られています。この内容は、かんもくネットのウェブに掲載されました。

↓ かんもくネットへのリンクです。動画へのリンクもついていますが、「かんもく」は、英語圏の方には発音しにくそうです。(^_^;
カースティさんのメッセージ
新しいウィンドウで開く

カースティさんの今後は?


知りません。ですが、2014年のミス・インターナショナル世界大会に参加する可能性が高いと私は思います。ミス・英国は、次の年の同大会に出場することが多いからです。同大会は日本で開催されることも少なくなく、もしそうなれば、カースティさんが来日されることになります。

[追記](2014年8月16日)

2014年のミス・インターナショナル世界大会は東京で行われますが、カースティさんは出場されません。失礼致しました。

[参考にしたサイト]

◇ Kirkova, D. (2013, June 16). 'I only entered to boost my confidence!': Beauty queen who suffered selective mutism as a child overcomes crippling shyness to be crowned Miss England 2013. In Main Online. Retrieved November 13, 2013, from
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2342691/Miss-England-2013-winner-Kirsty-Heslewood-crowned-My-dreams-come-true.html

◇ Waterlow, L. (2012, May 18). Beauty queen who didn't speak in public until she was SEVEN finds her voice to become Miss England hope. In Main Online. Retrieved November 13, 2013, from
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2146240/Kirsty-Heslewood-suffered-selective-mutism-finds-voice-Miss-England-hope.html

◇ 「SMIRAのパーティでカースティさんにお会いしました(その1)」(2013年11月9日)『場面緘黙について考える-備忘録- 』最終アクセス日2013年11月13日。
http://smnotes.com/smira%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%A7%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%8A%E4%BC%9A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

◇ 「カースティさんからのメッセージ」(2013年10月)『かんもくネット 』最終アクセス日2013年11月13日。
http://kanmoku.org/news_index.html

※ ここまで見てくださり、ありがとうございます!