緘黙支援に役立つアプリは?(2)

2013年11月25日(月曜日)

アイキャッチ画像。マフラーをギュッとする女性。モデル:Lala*さん。写真素材サイト PAKUTASO より。
今回は、前回の記事「緘黙支援に役立つアプリは?(1)」の続きです。緘黙児支援で実際に使用されたという英語圏のアプリを研究し、日本でも使えそうなものはないか考えます。

おしゃべり猫のトム


話しかけると、おかしな声で返してくれる猫のアプリ。ボイスチェンジャーと呼ばれるものです。国内外で人気のアプリらしいです。緘黙児のために使っているという専門家の話を英語圏で複数読んだことがあります。

※ 以下のリンクは、主にパソコンでの閲覧向けです。スマートフォンをご利用の方は、各端末にインストールされているアプリから、App Store や Google Play にアクセスしてみてください。

iTunes Store、おしゃべり猫のトム 紹介ページ
新しいウィンドウで開く

Google Play、おしゃべり猫のトム
新しいウィンドウで開く

Amazon.co.jp、Talking Tom Cat Free
新しいウィンドウで開く

このアプリは、以前、このブログで取り上げたことがあります。

↓ その記事へのリンクです。
緘黙克服に役立つアプリ?「おしゃべり猫のトム」
新しいウィンドウで開く

iMasked


声を出すと、画面上のキャラクターの口が開くアプリです。大きな声を出すほど、キャラクターの声が大きく開きます。iPhone、iPad、iPod touch 用のアプリです。

iTunes Store、iMasked 紹介ページ
新しいウィンドウで開く

これは、Evelyn R. Klein 氏(ラ・サル大学)という専門家が、米国の緘黙支援団体 Selective Mutism Group のニュースレターの中で推薦したアプリです。

SMG Newsletter 2013-01-01
新しいウィンドウで開く

Squeak My Voice


これもボイスチェンジャーで、声を出すと、かなきり声のようなおかしな声が返ってきます。上と同様、Klein 氏推薦の iPhone、iPad用のアプリです。

iTunes Store、SQUEAK my voice 紹介ページ
新しいウィンドウで開く
* * * * * * * * * *

Artikpix、Phonopix、Conversation Builder、Story Builder、Preposition Builder


Our Journey of Selective Mutism という個人ブログの管理人さんが、緘黙のお子さんのために使っているというアプリの数々です。録音と再生の機能があるからというのが理由です。

商品数がたくさんあってリンクをはると煩雑になりそうですが、開発元は2社だけなので、開発元サイトのリンクを貼ることにします。

Artikpix、Phonopix の開発元 Eric Sailers へのリンク。
新しいウィンドウで開く

Conversation Builder、Story Builder、Preposition Builder の開発元 Mobile Education store へのリンク。
新しいウィンドウで開く

↓ 今回のアプリを紹介したブログ Our Journey of Selective Mutism へのリンクです。
iPad and Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

iModeling


Our Journey of Selective Mutism の管理人さんご利用のアプリ。ビデオモデリングができるそうです。

Dexteria


Our Journey of Selective Mutism の管理人さんご利用のアプリ。細かい運動スキル(fine motor skill)を発達させるために使っているそうです。

Abilipad


Facebook などで一部話題になった iPad アプリです。キーボードやノートパッドとして色々と自由に使えるアプリのようです。

これが緘黙支援にどう使われているのかは知らないのですが、おそらくは音声合成によるテキストの音声読み上げ機能(Text to Speech)がこのアプリについているので、その機能により会話の代替をしているとか、あるいは、録音・再生機能がついているのでそれを使って家などでの声を学校で聞いてもらうといった、VOCA(携帯用会話補助装置)としての使い方ではないかと推測します。

まとめ


これまで見てきたアプリを、その機能を基準に、次のように分類してみました。

(1) 声を出したり息をはいたりすると反応するアプリ
 ⇒ Lift-Off!、Free Candle、iMasked、Abilipad
(2) ボイスチェンジャー
 ⇒ おしゃべり猫のトム、Squeak My Voice
(3) ボイスレコーダーになるアプリ
 ⇒ QuickVoice、Artikpix、Phonopix、Conversation Builder、Story Builder、Preposition Builder
(4) 騒音計アプリ
 ⇒ SPL Meter
(5) 認知行動療法ができるアプリ
 ⇒ Lola's words disappeared
(6) ビデオモデリングができるアプリ
 ⇒ iModeling
(7) 細かい運動スキル(fine motor skill)の発達に役立つアプリ
 ⇒ Dexteria
(8) 音声合成によりテキストを読み上げてくれる(Text to Speech)アプリ
 ⇒  Abilipad

これまで具体名を挙げてきたアプリの中には、私たち日本人が使うには向かなさそうなものもあります。ですが、同種の機能がありさえすれば、上述の海外アプリにこだわらなくてもよいでしょう。

とりあえず、上述のアプリのうち、日本人にも使えそうなものは「関連書籍」コーナーでそのまま紹介してみることにします。また、同種の機能がある日本人向きのアプリは今後探してみようと思います。

[成果物]

◇ 関連書籍コーナー・アプリ(PC用ページ)
新しいウィンドウで開く

◇ 関連書籍コーナー・アプリ(スマホ用ページ)
新しいウィンドウで開く