エッセイストのデビュー作に、緘黙児?

2014年01月24日(金曜日)

アイキャッチ画像。素材サイトモデルピースより、龍咲杏さん。
休み時間や学校の外だと話せるけれども、授業中は声を出せない同級生の思い出を書いた作文が、2002年の「第52回全国小・中学校作文コンクール」で、文部科学大臣賞を受賞していました。Twitter でこの作文についてツイートした方がいらして、それをきっかけに知りました(リツイート済み)。

作文のタイトルは「ポテトサラダにさよなら」。作者は当時 hanae* さんというお名前でモデル活動を行っていた女子小学生です。その全文は今でも読売新聞社のイベントのウェブページで読むことができます。

↓ 読売新聞社の旧「Event箱」ウェブサイト内のページへのリンクです。
「ポテトサラダにさよなら」
新しいウィンドウで開く

この授業中に声を出せないエリカさんが場面緘黙症だったのかどうかは分かりませんが、気になる話です。それにしても、とても小学生が書いたとは思えない文章です。

作者は現在、若手美人エッセイスト


小学生日記 (角川文庫)作文の作者は現在、華恵さんというお名前でエッセイストなどとして活動されています。

華恵さんは小6にして『小学生日記』で出版デビュー、「ポテトサラダにさよなら」は同書の中に収録されています。華恵さんのオフィシャルサイトによると、『小学生日記』は華恵さんにとって「私のスタート地点」だそうで、その中でも「ポテトサラダにさよなら」は目玉作だったようです。同書は現在絶版ですが、図書館には置いてあるかもしれません。

華恵さんは当時からとてもお綺麗な方で、ファッション誌、テレビCM、短編映画などに登場されていましたが、最近でも本を出されたり、テレビ出演されたり、雑誌に記事を書かれたりと、活発に活動されています。ふだんは東京藝術大学で音楽を専攻されている大学生で、多才な方のようです。

華恵さんオフィシャルサイト(パソコン用)
新しいウィンドウで開く