緘黙児への短期集中型行動療法(前編)

2014年02月20日(木曜日)

アイキャッチ画像。
どうして声が出ないの?マンガでわかる場面緘黙』や『場面緘黙児への支援』などで、日本でも知られるようになってきた緘黙児への行動療法ですが、行動療法が盛んな英語圏の国々では、その方法も多様です。

例えばカナダの本『場面緘黙児の支援』では、「場所」「人」「活動」の3要素をもとに段階的に発話を促す方法が紹介されていますが、英国では場所を固定し、そこに人を段階的に入れていくスライディング・インという方法がポピュラーです。また、イスラエルの専門家が著して好評を得ている本 The Selective Mutism Treatment Guide は、学校よりもまず家庭で行動療法を行うことの重要性を強調している点が特徴です。

今回お話しする Brave Buddies という方法もまたユニークなもので、グループで行動療法を行う短期集中型のプログラムです。

* * * * * * * * * *

Brave Buddies とは何か


Brave Buddies は、米国ニューヨークの民間機関 Child Mind Institute の Steven Kurtz 博士が開発した行動療法プログラムです。Brave Buddies を日本語に訳すとすると、「勇気ある仲間たち」といったところでしょうか。

Brave Buddies の目的は、次の5点です。(1) 話すスキルを高めること。(2) 社会性を高めること。(3) 治療効果を維持すること。(4) 話すスキルを家以外でも発揮できるようにすること。(5) 楽しむこと。

Brave Buddies では、 緘黙児にとって安心できる環境の模擬教室を設定し、 スケジュールも学校に似せて、そこで発話を促すなどします。その内容は、プレイ・ドー(粘土)やレゴで遊んだり、米国の学校で一般に行われる「ショー・アンド・テル」という発表会をしたりと、活動形式のものです。警察官や消防士など外部の方に来てもらうこともあります。また、教室内にとどまるだけでなく、外出することもあります。

対象は、3歳から8歳までの緘黙の診断を受けた子どもです。参加者はもともと Child Mind Institute による何らかの治療を受けていた緘黙児が多いようです。定員は12名です。

参加するスタッフは、認定心理学者(lisensed psychologist)、準心理学者(と訳せばいいのかな?associate psychologist)です。また、大学院生や大学に通う訓練生も参加します。そして、緘黙児には1対1でカウンセラーがつきます。プログラムの前に、参加する緘黙児は、スタッフと事前に会うことになっています。信頼関係を築いてから Brave Budies に入るわけです。

※ Child Mind Institute が求人情報サイト SimplyHired に出した、Brave Buddies スタッフ募集の広告。1対1でカウンセラーがつくことになっているので、多数のカウンセラーを集めなければなりません。
Brave Buddies Program Volunteer
新しいウィンドウで開く

プログラムには、1週間のものと1日のものがあります。1週間のプログラムだと、1日6時間のスケジュールを5日間、合計30時間過ごすことになります。このような長期間にわたって発話行動を集中的に繰り返し、過剰学習(over-learning)させるわけです。1週間のプログラムは年2回、2月と8月に行われます。ちょうど現在も、2月17日から21日にかけて、ウィンタープログラムとして行われているところです。1日のみのプログラムは年4回行われます。

Brave Buddies は行動療法ですが、薬物療法と組み合わせる場合もあります。

Brave Talking


緘黙児が行う発話を Child Mind Institute は Brave Talking と呼んでいます。日本語に訳すとすると、「勇気あるトーク」といったところでしょうか。

Brave Buddies でも、他の緘黙児への行動療法と同様、段階的な発話を促しています。また、スタッフは次のポイントを心がけています。(1) 緘黙児がとった行動を褒める。それも緘黙児がとった行動を具体的に指摘して褒める。褒める対象の行動は発話に限らず、アイコンタクトなども含む。(2) 緘黙児に Yes/No 型の質問はせず、強制選択型の質問やオープンエンドの質問をする。前者は、例えば、「あなたが好きなゆるキャラは、ふなっしーですか、くまモンですか」といったもの。後者は、例えば、「あなたはどんなゆるキャラが好きですか」といった自由回答式の質問。(3) 緘黙児が返事をするまで5秒待つ。(4) 緘黙児の心を察することはしない。

緘黙児は Brave Talking で成功したら、ポイントを獲得できます。このポイントは、プログラムの最後に毎日開かれる Brave Buddies prize store という模擬店で買い物をするのに使うことができます。

ABC NEWS で取り上げられた(動画あり)


なお、このプログラムの模様は動画で見ることができます。場面緘黙症Journal トップページにリンクを貼ってある ABC News Nightline の動画の1分49秒あたりからです。

Curing Kids with Extremem Social Phobias
新しいウィンドウで開く

続きの記事


◇ 緘黙児への短期集中型行動療法(後編)

参考にしたもの


◇ Brave Buddies -Helping kids with selective mutism find their voices-. In Child Mind Institute. Retrieved February 20, 2014, from http://www.childmind.org/en/clinics/programs/brave-buddies

◇ Frequently Asked Questions About Brave Buddies. In Child Mind Institute. Retrieved February 20, 2014, from http://www.childmind.org/en/brave-buddies-frequently-asked-questions/

◇ Summertime Plans & Prepping for the Next School Year. In Child Mind Institute. Retrieved February 20, 2014, from http://www.childmind.org/en/posts/articles/2013-4-26-summertime-plans-prepping-next-school-year-video

◇ Pearson, C. (2013, December 17). Selective Mutism: How A 6-Year-Old Was Finally 'Cured' Of Her Anxiety Disorder. Retrieved February 20, 2014, from http://www.huffingtonpost.com/2013/12/17/selective-mutism_n_4441938.html