場面緘黙症啓発月間2014を振り返る(1)

2014年06月11日(水曜日)

アイキャッチ画像。
5月の場面緘黙症啓発月間を振り返りたいと思います。当初は総括ポッドキャストを作ろうかとも考えたのですが、とりやめました。

啓発月間の目的


1 放置されている緘黙児・者を掘り起こすこと。
2 緘黙に対する正しい理解を促すこと。

目的をどの程度達成できたかの検証は難しいです。ポッドキャストや動画の再生数、Twitter 投稿のリツイート数、ネット上の反応などは一つの目安にはなるかもしれません。これを見ていきたいと思います。

自分自身がしたことを振り返る


緘黙を既に知ってる方向け


◇ 啓発月間ポッドキャストの公開

目立つことをして、啓発月間をアピールする狙いでした。

第1回ポッドキャスト(5/01公開):Audioboo での累計再生数は370回でした(6月11日21:00現在)。通常の各ブログ記事へのページビュー数よりも明らかに多いです。ただし、ここには姉妹ブログからもリンクを貼っています。いただいた拍手数は、5/01~/5/31で33件(1ヶ月間では過去最高)。ツイート数は累計22件(そのうち1件は自分)。アピールの狙いはある程度成功したのではないかと思います。もっと反響があれば、なおよかったです。

第2回ポッドキャスト(5/17公開):Audioboo での累計再生数は130回でした (6月11日21:00現在) 。通常の各ブログ記事へのページビュー数と変わりありません。いただいた拍手数は、5/17~/5/31で17件。ツイート数は累計6件でした(そのうち1件は自分)。

ただ、ポッドキャストはブログで記事を書くよりも効率が悪かったです。予め原稿を書いた上でポッドキャストの収録をし、さらに収録した音声を編集しなければなりませんでした。聞いてくださる方にしても、大抵の方にとっては、ブログ記事を読む方が手っ取り早いような気もします。

収録はタブレット端末とアプリ Smart Voice Recorder で行い、それを適当なソフトで MP3 形式に変換し連結、最後は Audacity というソフトで編集を行いました。アプリとソフトはフリーのものを利用したので、かかった費用は0円でした。

なお、かつて学校で何も話せなかった私ですが、現在の私がポッドキャストで話すことには抵抗は全くありませんでした。収録は自室で行っています。

◇ 場面緘黙症Journal ブログの記事を啓発月間関連のものにほぼ集中させる

5月の期間中は、ブログ記事を啓発月間と関係したものを中心としました。ただ、これはすぐにネタ切れ気味になり、弱りました。また、読者の方にとっては、啓発月間の記事ばかりで退屈に感じなかっただろうかと心配なのですが、このあたり分かりません。なお、啓発月間関連のブログ記事は、Twitter でも紹介しています。

◇ サイトトップページとブログのヘッダーで、「5月は場面緘黙症啓発月間です」とアピール

見やすい場所でアピールを行いました。

※ 参考・場面緘黙症Journal への5月のアクセス数

トップページ:訪問者数前月比4%増、ページビュー数3%減
トップ携帯版:ページビュー数11%減

ブログPC版:訪問者数前月比24%増、ページビュー数6%増
ブログスマホ版:訪問者数前月比1%減、ページビュー数2%増
ブログ携帯版:訪問者数前月比5%増、ページビュー数10%増

5月は4月よりも1日多いです。ブログPC版の訪問者数の伸びが目立つのは、MSN のボットの影響によるところが大きいと思います。これを差し引くと、前月比6%増です。

結局、場面緘黙症Journal へのアクセス数は、4月と比べると特に伸びていません。

緘黙を知らない方向け


◇ 緘黙の解説記事を姉妹ブログに公開

学校で話せない~場面緘黙(かんもく)症を知って

解説で特に留意した点は、(1)緘黙は深刻な問題であることの強調、(2)よくある人見知りや引っ込み思案との区別でした。

あまり長文にすると興味ない方には読んでもらえなさそうですし、かといって短文だと言いたいことが十分に伝えられませんし、難しかったです。とりあえずごく基本的なことを書いて、詳しく知りたい方は専門サイトをご覧くださいというかたちをとることにしました。

できればもっと他の姉妹ブログでもこうしたことが書ければよかったのですが、他の姉妹ブログはどこも休眠状態だったため、できませんでした。また、同じ内容の投稿を複数のブログで行うと、検索エンジンのロボットに重複コンテンツとみなされ、ペナルティを受ける危険もありました。

対象絞らず


◇ Twitter のハンドルネームを変更

◇ Twitter で緘黙の解説投稿を連投

↓ Twitter 各投稿のリンクです。リツイート数、お気に入り登録数が分かります。
その1(緘黙とは)
その2(話せない、人見知りでもない)
その3(医学の世界では…)
その4(緘黙は深刻な問題)
その5(緘黙は苦痛)
その6(緘黙は背景に不安)
その7(日本の啓発活動の現状)
その8(早期発見・介入の重要性)
その9(基本的な接し方)

これは、2年前に Twitter で連投した内容を少し変えたものです。緘黙は深刻な問題であることを加筆、対応に関する箇所を加筆するなどしました。

連投をすることで、タイムラインを緘黙ツイートで占める狙いがありました。なお、ふだん私は Twitter でこうした10件前後の連投をすることはありません。

私をフォローしてくださる方は緘黙のことを既にご存知の方が多いと思います。こうした方に緘黙とは何ぞやと解説してもほとんど意味がないことでしょう。私が期待したのはむしろツイートの拡散でした(「拡散希望」などとは敢えて書かなかったのですが)。

この連続ツイートを行った5月26日、私をフォローしてくださった方が6人増えました。私へのフォロワーが1日でこれだけ増えることは稀です。その後も5月の末にかけて、いつもよりやや早いペースでフォロワー数が増えています。

この連続ツイートは、かんもくネットさんが Facebook に投稿してくださりました。

↓ Facebook かんもくネットさんへのリンクです。
私の連続ツイートのまとめ

◇ リツイート

かんもくネットさんが啓発月間のために作られた啓発画像をリツイートしたり、つぼみの会(場面緘黙親の会関東)さんが公開した公開を Twitter で紹介したりしました。

(続く)