アイキャッチ画像1周年

2014年06月29日(日曜日)

アイキャッチ画像。
日本の緘黙サイトの歴史が始まって15年ほどが経ちますが、トップページに人物写真を大きく載せたサイトは、ここ以外にあまりないのではないかと思います。場面緘黙症Journal はトップページを立ち上げた2006年当初から、長らく親子の人物写真を使っていました(だからといって、別にすごいわけではないのですが……)。

そのトップページは昨年リニューアルしましたが、人物写真を使うという伝統?は発展させ、新たにスライダー(画像のスライドショー)を導入しています。

その後まもなく、トップページのスライダー画像をブログのアイキャッチ画像としても使うことにしました。アイキャッチ画像とは、例えばこの記事の場合、セーラー服の高校生女子が、口に手を当てて笑みを浮かべている冒頭の画像のことです。ただし、従来型携帯電話の方は、「画像」とだけしか表示されません。

このアイキャッチ画像の本格的な導入により、様々な人物写真がブログ上にも載るようになりましたが(時々、風景写真などが載ることもあります)、それから近く丸1年になります。

* * * * * * * * * *

アイキャッチ画像は、私が独自に購入した写真素材集や、インターネット上の写真素材サイトから選んでいます。写真素材サイトでは、特に PAKUTASO というサイトによくお世話になっています。

その中でも、記事のイメージに近いものや、季節に合ったものの中から採用しています。少女や女性の写真を使うことがやはり多いです。

中高校生の写真素材を使うことがあるのが、場面緘黙症Journal ならではの特徴です。緘黙は小学生ぐらいの子どもだけの問題ではないという問題意識によります。海外の緘黙サイトでは人物写真を使うところを見かけることもあるのですが、中高生の人物写真は珍しいです。

私が画像を使う上で気にしているのが、ファイルサイズです。ファイルサイズが大きい画像の方が綺麗なのですが、反面、読み込みが遅くなってしまいます。特に最近はスマートフォンでご覧になる方が多く、3G回線での閲覧を考えると、あまり重過ぎる画像は使いづらいです。私がアイキャッチで使う画像のファイルサイズは、30KB 前後にしているのですが、この大きさでよいのか、今でも悩んでいます。

パソコン版ブログ右サイドバー「最近の記事」のアイキャッチ画像については、広告の画像が紛れ込むことがあります。これは稀にしか起きない現象で、広告を見た方はラッキーかもしれません(?)。

写真素材、特に人物写真の活用は場面緘黙症Journal の特色であり、また伝統でもあるので、これからも何らかのかたちで続けていく方針です。