場面緘黙症の人に30の質問

2014年09月27日(土曜日)

アイキャッチ画像。リス。写真素材サイト PAKUTASO より。
俊太さんのウェブサイト「場面緘黙症専用」にある「場面緘黙症の人に30の質問」は、ご存じの方も多いと思います。これまで数多くの人がこの質問に答えてきました。その質問内容は、緘黙の程度に関するもの、いじめ、親や教師の対応など多岐にわたっています。

この30の質問は歴史があります。遅くとも2005年12月には既に存在していたようです。

※ 2005年12月当時の「場面緘黙症の人に30の質問」(Way Back Machine)
新しいウィンドウで開く

現在でもこの質問は利用されていて、例えば今年5月に沖縄県宮古島市で行なわれた「場面緘黙経験者を囲んでの座談会」では、講師の方がこの質問に沿ってお話しする場面があったそうです。

↓ 宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)さんのツイッターへのリンクです。

※ その1 (新しいウィンドウで開く
※ その2 (新しいウィンドウで開く

そもそも、この30の質問を作成・公開した「場面緘黙症専用」自体が歴史のあるサイトです。いつ開設されたのかは知らないのですが、2004年には既に存在していたようです。私が知る限り「緘黙」をタイトルに据えた日本初のサイトです(当時、場面緘黙症の専用のホームページがないという問題意識から作られたサイトだと、このサイトのどこかで読みました)。場面緘黙症専用がなければ、もしかすると場面緘黙症Journal も存在していなかったかもしれません。

ところが、私は場面緘黙症Journal を始めてもうすぐ丸9年にもなろうとしているのに、この30の質問にはいまだに答えたことがありません。というのも、私は場面緘黙症の人ではないからです。かつて学校などで話せなかっただけです。

ですが、私はこれだけ長く緘黙のサイトを続けてきたのですから、今現在緘黙かどうかなど細かいことにはこだわらず、一度ぐらいは答えてみてもよいのではないかと最近思うようになりました。自己紹介にはもってこいですし(9年近くこのサイトやって、今頃自己紹介?)、先輩サイトに敬意を払いたいという思いもあります。そこで、今回はこの30の質問に答えてみることにしました。

* * * * * * * * * *

1 男性ですか? 女性ですか?

男性です。女性ではありません。

2 年はいくつ?

いくつでしょう。先日母親と2人で外出したところ、「旦那さん」と言われてしまいました。白髪が多く、実年齢よりかなり老けて見えるようです。それにしても、母親と夫婦扱いされるなんてあんまりです。

3 場面緘黙と知ったのはいつ?

20代に入ってから、自分はかつて緘黙だったに違いないと自己診断しました。

4 どうやって場面緘黙だと知ったの?

対人恐怖か何かのウェブサイトを見て回っていたところ、そこに緘黙の説明があって知ったのではなかったかと思います。当時の私は引きこもっていて、その大きな原因とみられる、長年にわたる極端な引っ込み思案を克服するにはどうすればよいのか、かなり真剣に悩んでいました。そうした中、そのサイトを見つけたのです。記憶が曖昧で、具体的にどのサイトだったかも覚えていません。もし私が順調に人生を歩んでいたら、緘黙を知ることもなかったかもしれません。

5 いつから場面緘黙なの?

小学4年生(9~10歳)から。小4の頃に2度にわたって転校をしたのですが、転校を重ねる度に話せなくなり、特に2度目の転校の後はひどく話せなくなりました。もし本当に緘黙だったとしたら、発症年齢は少し遅いですね。

6 今はどうなの?

自由に話せます。ただ、私が話すとボロが出ることが多いので、最近は意識して口数を少なくしています。慎重な性格ですから、自分がよく知らないことについてあまり話したくはないという思いもあります(そのわりに、ブログでは多弁ですが)。

7 場面緘黙になった原因は?(たぶんでもいい)

幼少の頃より成長が周りの子に比べて際立って遅いとか、幼稚園では笑わないとか、周囲と馴染めないとか、かなり大人しいとか、色々と変わったところのある子でした。そうした素地のあったところに、2度にわたる転校が引き金となって話せなくなったものと考えています。

8 学校で友達はいた?

時期によっていたりいなかったりしました。いなかった時期の方が長いです。好意的に接してくれたクラスメイトは多かったのですが、お友達にまではなれなかった人ばかりでした。「好きな者同士、自由にグループを組みなさい」というような場面だと、普段私に好意的なクラスメイトはことごとく私から離れていき、大抵私は孤立していたものです。もちろん、それでも好意的にしてくれるだけでもありがたかったのですが、学校で友達はいたかとなると、そういう答えになります。

9 学校で友達やクラスメイトと教師とは話せた?

時期によって、ごく小声で話すことができました。大抵は自発的に話すのではなく、相手から質問を受け、どうしても声で回答するしかないときに小声で答えるというかたちでした。一言二言の単語を発声するのが限界だったと思います。思ったことを頭の中で組み立ててある程度の長さの話をするとか、そうしたことは、とてもではありませんが、できませんでした。

10 授業中の本読みはできた?

よく覚えていないのですが、小声でなら読めたのではないかと思います。

11 作文は書けた?

書けましたが、苦手でした。自分の考えや思いを表現して誰かに見てもらったり発表したりすることに、恥ずかしさというか、苦手意識を持っていました。

12 近所の人とは話せた?

覚えていません。そもそも近所づきあいがほとんどありませんでした。

13 親戚やいとことは話せた?

話せたり話せなかったりしました。親戚からはよく「大人しい子やね~」と言われました。

14 学校以外で同年代と話せた?

学校以外で同年代の人と接する機会はなかったのではないかと思います。習い事にも通わせてもらえませんでしたし。近所づきあいがほとんどなかったことといい、対人交流の広がりに乏しい子でした。

15 電話では話せた?

覚えていません。そもそも電話で人と話す機会がほとんどなかったものと思います。

16 親は緘黙状態だと気づいていた?

直接聞いたことはないのですが、とても気付いていたとは思えません。気付いてもらえにくい状況でもありました。私が学校で話せなくなった頃、ちょうど我が家は母子家庭となって、母親は仕事等に忙しくなり、子どものことにまではなかなか意識が向かない状況でした。

17 親はいつ気づいたの?

気付いていなかったようです。

18 緘黙のことで親からなにか言われたりした?

気付いていなかったようですし、何も言われたことはありません。気付いていなかったのに何か言われたら、すごいです。 親の都合で転校させられて緘黙になったので、少しはフォローしてくれてもよかったようにも思うのですが、気づいていなかったのなら仕方がありません。

19 緘黙が原因でクラスメイトにいじめられたりした?

緘黙が原因かどうかは分かりませんが、時期によってはいじめられました。なお、私は小4の時に学校で話せなくなるようになる前から、いじめられっ子でした。

20 いじめられたときクラスメイトに助けられた?

長年にわたっていじめを受けましたが、ほとんど助けられたことはありません。ですが、単に親しく話しかけてくれるだけでも私にとっては心の支えになったものです。

21 緘黙が原因で教師からいじめられた?

そのようなことは全くありませんでした。話せないことを責められたことも、ほとんどありません。

22 緘黙のことで教師から助けられたりした?

緘黙のことでかどうかは分からないのですが、私がクラスで孤立しないよう、配慮してくださった先生がいました。授業中に積極的に私のことを好意的に話題にしてくださったり。もっとも、こんな目立つことをすることが、緘黙児への対応として正しかったかどうかは分かりません。また、クラス替えでは、前のクラスで私に特に親しくしてくれた生徒と続けて同じクラスになることが多かったのですが、これも学校側の配慮だったのではないかと思います。

23 緘黙以外で心の病気はあるの?

分かりません。

24 緘黙で一番辛かったことは?

お世話になった人たちやよくしてくれた人たちに、感謝の気持ちを伝えられなかったことです。この人たちへの感謝の思いは何十年経っても忘れていません。ですが、向こうは案外私のことなど簡単に忘れていそうな気がします。

25 緘黙でよかったことはある?

黙って勉強ばかりしていたので、頭がいいと誤解されたことでしょうか。ですが、緘黙でよかったことよりも、悪かったことの方がずっと多いです。誤解にしても、悪い誤解を受けたことの方が多いです。口が利けないと、誤解を解くことも難しいです。

26 周りの人であなたが緘黙だと言うことを知っている人はいる?

私は少なくとも今現在、緘黙ではありません。かつて話せなかった頃、私が緘黙だと周りに知っている人がいたかどうかは、分かりません。

27 自分が緘黙だと言うことを人に話したことはある?

ありません。そもそも、私が学校などで話せなかった頃は、緘黙という用語を知りませんでした。また、過去に緘黙だったようだということを人に話したこともありません。ただ、話せるようになった成人後に知り合った人に「昔は何も話せなかった」というような言い方をしたことならあります。

28 今は幸せ?

そんなこと、言えません。

29 今後の目標とか目指すものはある?

そういうことは、人前では話さない主義です。最後の方は素っ気無い答えばかりでごめんなさい。

30 最後に一言どうぞ。

答えやすい質問が多かったです。30という数もちょうどよいです。回答者は多く、質問内容は昔から変わっていないので、他の人との比較もできます。