北日本新聞の緘黙の記事

2014年10月30日(木曜日)

アイキャッチ画像。写真素材サイト PAKUTASO より。
富山県で6-7割のシェアを占める『北日本新聞』で、場面緘黙症に関する記事が掲載されました。本日10月30日(木)の朝刊です。

Yahoo!ニュースでも読めますので、ご紹介します。

↓ Yahoo!ニュースへのリンクです。
※ 「場面緘黙」症状知って 富山大講義にゲスト参加・富山の加藤さん
新しいウィンドウで開く

紙面では、30面「社会・地域ニュース」面において、縦1/3ページ×横3/5ページほどの大きさで掲載されているそうです。なお、34面がテレビ欄、32~33面が社会面です(「情報筋」による)。

『北日本新聞』で緘黙に関する記事が掲載されたのを私が確認したのは、これが3度目です。これまでの掲載分も、「場面緘黙について考える会富山」と関連する内容です。なお、過去2度は以下の通り。

○ 2013年7月19日(金)
「場面緘黙について考える会富山」設立の記事。社会面に大きく掲載。同会が企画した講演会の予告も載る。

○ 2013年8月8日(木)
7月19日(金)の記事で予告されていた講演会の報告。講師はかんもくネット代表の角田圭子氏。記事はやや小さい。

また、2013年7月19日には、北日本新聞ウェブの「こちら編集局ブログ」では、【デスクの一押し】として「場面緘黙、まずは理解を」という短い記事が公開されています。

※ 場面緘黙、まずは理解を
新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

私としては、今回の記事で、昨年7月に設立された「場面緘黙について考える会富山」の近況を知ることができたのがよかったです。

記事では「会員は増えず」とありますが、地域の緘黙支援グループは、人口の多い地域でも集会の規模は定員10名など小規模な例が多く、現状ではなかなか人は集まらないものと思います。全国規模の大手緘黙支援団体だと会員数は何百人にも上りますが、例えば富山県の人口は日本の人口の約1%(約110万人)ということを考えると、都道府県単位で見ると大手緘黙支援団体の会員数もそう多くはないのではないかと思います。

ですが、大手緘黙支援団体にしても、最初から何百人も会員がいたわけではありません。記事をきっかけに、これから富山で支援の輪が広がるといいです。

[関連ページ]

↓ 「かんもくネットフォーラム」へのリンクです。過去の『北日本新聞』掲載の記事も見ることができます。今回の記事も、そのうち掲載されるかも?
◇ 場面緘黙 in メディア (新しいウィンドウで開く