大人の緘黙症の大規模調査(英)

2015年03月11日(水曜日)

アイキャッチ画像。写真素材サイト PAKUTASO より。

成人期に緘黙を経験した83人を調査


大人の場面緘黙症をテーマとした200ページ超の修士論文が、インターネット上で一般公開されています。実は、この論文を書いた方ご自身が、大人の緘黙を経験された方です(英国の方です)。論文は、昨年話題になった緘黙の本の中でも紹介されています。

論文の題名は、 Selective Mutism in Adults: An exploratory study(成人期の選択性緘黙:予備的研究)です。iSpeak という、主に10代後半の若者や大人の緘黙者を対象とした支援団体のホームページ上に公開されています。

↓ ちゃんとした書き方

iSpeak. (2013, October). Selective Mutism in Adults (MSc Dissertation). Retrieved from iSpeak.org.uk: http://www.ispeak.org.uk/Download.ashx?PDF=/Downloads/PS7112_Dissertation.pdf

論文の内容は、18歳以上で緘黙を経験した83人(うち79人が調査時点でなお緘黙)にオンラインによるアンケート調査を行い、その結果をもとに、予め立てた緘黙に関する様々な仮説を検証したものです。83人が住む国は英国だけでなく11の国におよびますが、英国と米国がそのほとんどを占めています。

興味深い論文だと思う


私は専門家でもなんでもないのですが、この論文は、次の点で興味深いと思います。

大人の緘黙がテーマ、これは貴重


まず、大人の緘黙をテーマとした研究であること。大人の緘黙の研究は、英語圏でもほとんどありません。また、研究に参加した大人の緘黙の経験者は83人におよび、緘黙に関する研究としては大規模です。

当事者の経験などから、緘黙に迫る


それから、緘黙の当事者らの経験や、当事者らが緘黙をどう捉えているかを調べ、それをもとに緘黙について迫ろうとしていること。これは珍しいです。緘黙を経験した方らしい研究だとも思います。

こういう経験者の声を生かした研究は、わずかではありますが、最近見かけるようになってきました。ノルウェーの研究が先駆けでしょうか(Omdal, 2007)。日本でも筑波大学の研究者が、緘黙の当事者団体に所属する緘黙経験者48人に質問紙調査を行い、緘黙の克服に影響を与える要因を検討したことがあります(奥村ら、2014)。

緘黙の診断を受けたかどうかを問わない


そして、調査対象者は、緘黙の正式な診断を受けたかどうかを問うていないこと。この結果、診断を受けたことのない、いわゆる「自己診断」の緘黙当事者、経験者が、調査対象者のおよそ4分の3を占める結果になりました。

この方法には賛否が分かれるかもしれません。なぜこのような方法がとられたかは、論文からはっきり読み取ることができませんでした(私の読み方が足りなかったのかもしれませんが)。そこで私の「勘ピューター」ですが、おそらく著者は緘黙に関する情報に接してきた経験から、ほとんどの緘黙者は診断を受けたことがないと調査前から感じていて、敢えて診断の有無は問わなかったのではないかと思います。

どちらにしろ、こうした方法をとったことからか、どれだけの割合の緘黙者が子どもの頃に緘黙の診断を受けたかが調べられています(そしてお話した通り、およそ4分の3が診断を受けていないという結果でした)。

[追記(2015年3月12日)]

読み返してみたら、書いてありました。この論文の著者自身の経験から(著者自身も大人の緘黙を経験したが、これは自己診断)、ほとんどの大人の緘黙者は正式な診断を受けたことがないという仮説を立て、それを検証するためにこうした方法をとったということです。


論文の著者も、大人の緘黙を経験


それにしても、この論文の著者は大変な方です。ご自身が大人の緘黙を経験された方であるうえ(少なくとも、研究に着手した当時は緘黙だったようです)、 先ほどお話した緘黙支援団体 iSpeak を創設されました。

コンピューター科学で博士号を取得している方でもあるのですが、にもかかわらず、臨床心理士になるために心理学の学位を取ろうと、今回の修士論文をまとめるに至りました。

Tackling Selective Mutism にこの論文が掲載


ところで今回の論文、場面緘黙症Journal を以前から読んでくださっている方の中には、どこかで聞いたことがある話だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実はこの論文は、昨秋発売されて日本でも話題になった Tackling Selective Mutism という英国の本の中で、付録というかたちでいわばダイジェスト版が掲載されています。私はそうとは知らず、ダイジェスト版のみを何度かこのブログで話題にしていました。お恥ずかしい限りです。

リンク


◇ iSpeak (新しいウィンドウで開く

文献


◇ Omdal, H. (2007). Can adults who have recovered from selective mutism in childhood and adolescence tell us anything about the nature of the condition and/or recovery from it? European Journal of Special Needs Education, 22(3), 237-253. なお、この論文は、以下からPDF形式でダウンロードできます。http://www.encognitive.com/files/Selective%20Mutism%20Treatment%20Case%20Samples.pdf
◇ 奥村真衣子、園山繁樹(2014)「選択性緘黙の症状克服に影響を与える要因の検討-経験者への質問紙調査から」日本特殊教育学会第52回大会ポスター発表。