『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』4月20日頃発売

2015年03月26日(木曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症に関する新しい本が、4月20日頃に発売される予定です。

その本は、『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』という翻訳書です。行動理論に基づいた緘黙児への支援法を示した本とみられますが、類書とは違いもあるようです。

著者は、ネバダ大学ラスベガス校の心理学教授、クリストファー・A・カーニー(Christopher A. Kearney, Ph.D.)氏です。監訳には大石幸二氏(立教大学現代心理学部教授)があたり、翻訳は複数の人が分担して行なっているようです。

出版社は、『場面緘黙Q&A』や『どうして声が出ないの?』など、緘黙に関する本を出版してきたことでもお馴染みの、学苑社です。各種オンライン書店のページには4月20日という日付が出ていて、これが発売日かもしれませんが、こうしたページに載っている発売日の情報は実際とは異なることもあり、私には確かなことが分かりません。

今回の翻訳書の原書は、オックスフォード大学出版局から2010年に出た米国の本 Helping Children with Selective Mutism and Their Parents - A Guide for School-Based Professionals - です。原書の題名をそのまま訳すと『場面緘黙児と親への支援-学校に基礎を置く専門家向けガイド-』ですが、翻訳書の題名は、これとはかなり違ったものです。

この本の出版は、2014年に刊行された『親子でできる引っ込み思案な子どもの支援』という本の中で、既に予告されていました。『親子でできる~』も出版社は学苑社、著者はカーニー氏、監訳に大石氏、原書の出版社はオックスフォード大学出版局、加えて、本の題名と表紙のデザインまで両者は似ていて、共通点が多いです。二つの本は姉妹書のような位置づけかもしれません。

先生とできる場面緘黙の子どもの支援私は原書は既に読んだのですが、4月20日?発売予定のこの翻訳書は、もちろんまだです。翻訳書が出版され、私がそれを読み次第、またこのブログで取り上げるかもしれません。

↓ 学苑社ホームページへのリンクです。
◇ 『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』 (新しいウィンドウで開く