掲示板9年間ありがとう特集(後編)

2015年05月26日(火曜日)

アイキャッチ画像。
お多福おっと、間が空いてしまった!富条さんへのインタビューを続けます。あれ、何のインタビューでしたっけ?

※ インタビュー前編はこちら。
新しいウィンドウで開く

掲示板過去ログの保存が、最終段階に


お多福そうそう、今月末日をもって閉鎖する従来型掲示板についてです。前回のインタビューから8日が経ちましたが、掲示板の過去ログの保存・公開については、何か進展はありましたか?

若侍現在、過去ログの保存作業を一通り終えて、見直しの段階に入っています。規模の大きな掲示板なので、保存作業に時間がかかっています。掲示板には登録ユーザーのプロフィールデータもあるのですが、今のところ、いただいた投稿を中心に保存するにとどめるつもりです。

若侍ですが、保存作業が終わっても、これを公開するために必要な作業がまだ残っていて、過去ログ公開のための道のりは長いです。

掲示板開設のきっかけ


お多福ところで、この掲示板は、そもそもどういうお考えで開設することにしたのですか?

若侍ブログを読んでくださっていたある方から、掲示板開設のご要望をいただき、それを受けて開設しました。ブログをやっていたら掲示板開設の要望がくるとは、今では考えられませんね。当時は、個人運営の緘黙ホームーページや掲示板がたくさんあった時代でしたから。

若侍なお、掲示板開設のご要望については、私はこう回答しました。「掲示板は、作ろうと思えば簡単にできるのですが、おそらくほとんど誰も書き込んではくれないものと思います(自分で言うのも悲しいところですが…)。今現在でさえ、アクセス数が少ないですし、コメントをくださる方もあまりいらっしゃいませんから。そもそも、緘黙症の掲示板は既にたくさんありますからね。埋没してしまいそうです。(以下、省略)」

お多福こんな回答をしておきながら、どうして掲示板の開設に踏み切ったのですか?


若侍とりあえず開設してみて、需要がなかったら閉鎖すればいいじゃないかと考えを変えたのではなかったかと思います。それから、ただ掲示板を作るだけでは確かに埋没してしまいそうですが、今までにない個性的な掲示板にしてみたら面白くなるかもしれないとも考えました。

お多福なるほど、それで、あのフォーラム型掲示板を採用したのですね。海外では一般的ですが、日本では珍しい掲示板です。@BBブランドのあのレンタル掲示板も、当時はサービス開始1年目で、まだ実績はありませんでした。今ではあの掲示板を使っている緘黙サイトが他にもありますけれども。

若侍ご要望がなければ掲示板を開設することはありませんでしたし、掲示板へのコメントが少なければ早々に閉鎖しただろうと思います。掲示板は私が主導したものではなく、皆様のお声にお答えしてのものでした。

掲示板運営の思い出


お多福9年間掲示板を運営されて、何か思い出はありますか?


若侍一番印象に残っているのは、掲示板に投稿されたある保護者さんから、メールでお叱りを受けたことですね。

お多福えっ?詳しくお聞かせ願いませんか。

若侍その保護者さんは、掲示板でご相談をされたんです。初めて投稿された方でした。これに対して、返信が1件も来ませんでした。私も返信をしませんでした。それで、藁をもすがるつもりで相談したのに!とお叱りを受けたんですよ。

お多福いつからか、掲示板には相談の投稿が多くなりましたよね。確かに昔からそうした投稿はあったものの、いつの間にか、Yahoo!知恵袋や教えて!goo の様相を呈するようになっていきました。

若侍掲示板開設当初は、先輩方の個人運営の緘黙掲示板のように、当事者、経験者、保護者の交流の場ということを意識しました。それが、いつからか一見さんによる相談系の投稿が占めるようになっていきました。別にそういう投稿はあっていいとは思いますが、そうした投稿ばかりが次から次へと来るという事態が、緘黙の個人掲示板の時代を知る私には、飲み込むのに時間がかかりました。

お多福それにしても、富条さん、もっと相談にお答えしてもいいのにとは思っていましたよ。確かにあそこは、相談掲示板や質問掲示板ではないかもしれませんが。

若侍寄せられるご相談は難しいものばかりで、私にお答えする力はありません。ときどき、どうってことのない回答をする程度で精一杯です。ですから、相談系の投稿をいただいた場合は、しばらく待って、もっと他の知恵のある方が回答してくださるのを期待することが多かったです。

若侍ですが、あのお叱りのメールをいただいて以降、反省して、相談系の投稿には、他の方の回答がなかった場合、私が最低限「分かりません」程度の回答はお返しすることにしました。

新型掲示板の今後


お多福従来型掲示板は閉鎖されますが、新型掲示板は今後も残ります。新型掲示板の方が高機能そうですが、投稿数が従来型掲示板よりも伸び悩んでいます。

若侍誰も使わないので、従来型掲示板閉鎖と併せて、新型掲示板も閉じてしまおうかとも思いました。自前の掲示板運営にはセキュリティ上のリスクを伴いますし、私は人との関わりに消極的なタイプなので掲示板は性に合いません。

若侍ですが、自前の php 掲示板の管理は面白いですし、あの掲示板は「緘黙関連ニュース」の更新に便利です。それに、緘黙の個人ホームページの時代を知る者としては、緘黙ホームページと掲示板を一体して個人運営するかたちのものが近年ほとんど無くなってきていることに、寂しさを感じています。少なくとも当面は、続けたいと思っています。

お多福掲示板のある個人ホームページには、伝統と歴史を感じます。これからもぜひ続けてください!

若侍伝統というほどの歴史はありませんが。ひっそりと続けたいと思っています。


お多福皆様、長い間掲示板をご愛顧くださり、ありがとうございました。富条先生の次回作にご期待ください!

若侍皆様、ありがとうございました。ところで、次回作って何ですか?