なぜ今、緘黙が取り上げられるのか

2015年06月30日(火曜日)

アイキャッチ画像。

なぜ今?


「なぜ今、場面緘黙症なのか」

緘黙をテーマにした『産経新聞』の記事が mixi で話題になった2013年12月、ある教育関係者がこういう感想を mixi日記に書いていたのを見た覚えがあります。なにぶん前の話なので、あいにくどなたの日記だったかは分かりません。

※ 当時、この産経の記事は mixi のアクセス数ランキング、話題数ランキングで1位になりました。


ここ何年かの間で、緘黙がメディアで取り上げられることが増えてきています。ですが、そう言えば、なぜ今なのでしょうか。

もしかしたら、緘黙児・者がここにきて増えているからでしょうか。これは調査が行なわれていませんし、はっきりしたことは分かりません。実感として増えているという声も聞いたことがありますが、そうした認識は特に広まってはいないようです。

だいたい、緘黙児・者は少なくとも数十年前にも相当数いたようです。例えば、岩手大学の山本実教授(故人)は1980年代後半、自著『「緘黙」への挑戦』の購読者を対象に緘黙の手記の執筆を依頼したところ、270件余りもの手記が返ってきたそうです(北野、2013)。

もしかしたら、緘黙が取り上げられやすい時代背景があるのでしょうか。例えば、近年、発達障害への関心が高まったり、メンタルヘルスに関する問題が以前に比べて語られやすくなったり、学校教育でコミュニケーションが重視されるようになったりしています。確かに、それはあるかもしれません。緘黙を初めて知った人の一部から「また新しい病気か」という誤解の声がよく上がることからも、緘黙のような問題が取り上げられやすい時代背景があることが窺えます。

緘黙当事者らの「緘黙を知ってほしい」という声が、膨らんだからでは


ですが、それよりも大きいのは、インターネットの普及と緘黙支援団体の誕生をきっかけに、緘黙の当事者、経験者、保護者らの「緘黙を多くの人に知ってほしい」という声が、ここにきて膨らんだからではないかと私は見ています(なお、緘黙の認知度が上がってほしくないという当事者らもいます)。私はその過程を10数年にわたって見てきています。

インターネットは1990年代後半から2000年代前半にかけて普及が進み、これにより、個人でも容易に情報発信ができるようになりました。2000年代初頭には緘黙を扱ったホームページが現れるのですが、その中で「緘黙のことを多くの人に知ってほしい」という緘黙の当事者、経験者、保護者らの声が上がるようになっていきました。

すると、こうしたホームページを見て、自分が緘黙であること、かつて緘黙だったこと、子どもが緘黙であることに気付く人が増え、こうした人たちも加わって、さらに「緘黙の認知度がもっと上がって欲しい」という声が膨らみます。

そして、インターネット上でのやりとりを背景に、2000年代後半に緘黙の理解促進などを目的とする支援団体が生まれ、会員数を伸ばしていきます。特に「かんもくネット」が誕生してからは、メディアで緘黙が取り上げられ、緘黙支援団体が取材を受けることが増えていきました。緘黙の啓発に熱心な支援団体が生まれたこと、そして支援団体誕生に際して、緘黙に関心を持つ専門家が現れたことは大きかったと思います。

こうして緘黙がメディアで取り上げられると、緘黙を初めて知る当事者、経験者、保護者らが増え、さらに「緘黙がもっと認知されて欲しい」という声が膨らみます。これを背景に、緘黙がまたメディアで取り上げられるようになります。そして現在に至る、というのが私の見方です。

もっと前から取り上げられてもよかった


ただ、緘黙が積極的に取り上げられるのは、別に今でなくても、もっと以前からでもよかったのではないかと私などは思います。昔は緘黙の認知度が低すぎて緘黙を知らない当事者、経験者、保護者らが今よりも多かったり、もっと遡ると、インターネットが普及しておらず当事者、経験者、保護者らが声を発信しにくかったりして、「緘黙を知って欲しい」という声が表面化していなかったのかもしれませんが、緘黙児・者は昔からいたのです。

昭和の時代に周囲の無理解で悩んだ元緘黙児が、大人になって「緘黙のことを広く知ってもらいたい。今でも無理解で苦しんでいる子がいる」として、何らかの情報発信をすることは珍しくありません(話題のコミックエッセイ『私はかんもくガール』もそうです)。それが、何十年もたった今になってやっと緘黙の理解を促す内容の新聞記事やテレビ番組が出ている状況です。ですが、たとえ遅くても、取り上げられることはよいことだと思います。

お知らせ


場面緘黙症Journal の従来型掲示板は、掲示板レンタル元により、6月4日(木)に閉鎖されました。そこで、閉鎖された旧掲示板の過去ログの公開を考えています。過去ログ公開にあたっては、「過去ログに残してほしくない方がいらっしゃれば、お手数ですが、ご連絡ください」とのお断りを添えるつもりです。

現在のところ、7月初旬~上旬を目処に、過去ログ公開の方向で準備を進めています。ただし、反対のご意見を多くいただけば過去ログ公開を考え直します。

文献


◇ 北野慶(2013)『あなたの隣の話さない人-緘黙(かんもく)-って何?』Amazon Services International, Inc.