『放課後カルテ』9巻発売、緘黙編完結

2015年07月14日(火曜日)

アイキャッチ画像。
医療マンガ『放課後カルテ』の第9巻が発売されました。第8巻から続く場面緘黙症編の最終話と、新たなストーリー4話が収録されています。

本の帯には、やや大きめの字で「場面緘黙編完結」などと書かれてあります。

↓ 帯が確認できます。Twitter に登録していない方でも見られます。
◇ BELOVE編集部による Twitter 投稿へのリンク
新しいウィンドウで開く

緘黙編の最終話は本当によく描かれていて、納得いく結末です。作者や編集者が緘黙を深く理解していなければ、この結末は描けないと思います。

緘黙については本編以外に、描き下ろしの巻末コーナー「あとがき☆ほーかる」でも触れられています。このあとがきのコーナーは、緘黙をきっかけに『放課後カルテ』を手に取った方にはぜひ読んでいただきたい内容です。

なお、今巻でも、参考文献に『どうして声が出ないの?』『場面緘黙Q&A』『なっちゃんの声』の3冊が挙げられていました。それにしても、2巻にもわたって緘黙が取り上げられたのは、とてもありがたいです。

緘黙編に続く新しい話はそれまでとはまた違う展開ですが、セロトニン作動系の治療薬に関することなど、興味深い内容です。なお、新章に入っても、緘黙の真愛(まい)ちゃんへの支援は続いているようで、そのことを窺わせる場面を本編中に2つ見つけました。

放課後カルテ(9) (BE LOVE KC)『放課後カルテ』は、女性コミック雑誌『BE LOVE』で連載中の医療マンガ。作者は日生マユさん。杏林大学医学部付属病院小児科監修。有名サイト『虚構新聞』の社主・UKさんはこのマンガについて、「個人的にはドラマ化があるんじゃないかと」とコメントされていましたが、果たして。



[関連記事]

◇ 『放課後カルテ』8巻発売、緘黙の話中心に収録
新しいウィンドウで開く

[関連リンク]

↓ 『きんどるどうでしょう』へのリンク。『放課後カルテ』がおすすめの一つに挙げられています。なお、Kindle のセールは終了しています。
◇ 虚構新聞社主・UKが本気のマンガ読みに全力でオススメ!今すぐ読んで欲しいKindle50%還元セール中のコミック11作品
新しいウィンドウで開く