緘黙の簡単なRPGを作りました

2015年07月29日(水曜日)

アイキャッチ画像。

ロールプレイングゲーム


場面緘黙症を題材にしたマンガ、YouTube 動画、歌、小説……緘黙の経験者や保護者らは、様々な表現で緘黙のことを伝えています。

では、緘黙を題材にしたコンピューターゲームというのはどうでしょう。少なくとも日本では私は見たことがありません。

そこで、試しに作ってみることにしました(柄でもなく……)。緘黙の小学生が主人公の簡単なRPG(ロールプレイングゲーム)です。といっても、私はゲーム作りの初心者で、出来上がったゲームもお恥ずかしいものですが、いちおうパソコンでプレイできます。

↓ ここからダウンロードできます。Yahoo!ボックス へのリンク。
◇ 緘黙RPG(仮) ZIP形式 5.7MB (新しいウィンドウで開く

------------------------------
[追記(2016年8月10日)]

上はかなり古いバージョンです。新しいバージョンのダウンロードは以下のページでお願い致します。

◇ 緘黙RPG - ダウンロード (新しいウィンドウで開く

また、ダウンロードせずともブラウザ上でプレイすることもできます。詳しくは、こちらをご覧ください。

◇ 緘黙RPGが、ブラウザ上でプレイできます (新しいウィンドウで開く

------------------------------

動作環境は、ゲーム制作に使用したツール「WOLF RPGエディター」の公式ホームページに書かれてあります。動作OSは Windows2000、XP、Vista、Windows7 (Windows8ではソフトウェアモードで辛うじて)で確認、必要ランタイムは DirectX 9.0以上ですが、WindowsXP SP2以上なら、確実に入っているとのことです。

◇ WOLF RPGエディターのダウンロードページ、動作環境の説明あり (新しいウィンドウで開く

もっとも、緘黙をネタにゲームだなんてという思いもあり、ゲーム作りと公開には悩みました。ですが、ゲームという表現方法の可能性を探ってみようとの思いから、思い切ってこのようにしてみることにしました。ゲームといえば子どもがするものというイメージが私が小学生の頃(大昔)はかなり強かったのですが、最近は年齢層が広がっています。

このゲームについて


舞台は剣と魔法の世界。小学4年生の主人公は家ではお喋りですが、学校では入学以来声が出ず、学校に通うことを辛く思っています。ある日、主人公は、自分が場面緘黙症であることを知ります。スモールステップの取り組みにより、経験値を重ね、少しずつ発話できる場面を増やしていきます。また、主人公は緘黙のイベントに出かけ、緘黙で悩む人は自分だけではないことを実感します。

このゲームは、緘黙の経験者や当事者など、緘黙に関心のある方を対象に、ゲームという表現方法もあることを伝える目的で作ったものです。試作ということで、ストーリーの途中までしか作っていません。プレイ時間は30分以上が目安といったところでしょうか。遊び方が分からないという方がいらっしゃれば申し訳ないです。ご質問があれば、お答えします。

今回のゲームでは、緘黙の理解促進の要素と、娯楽の要素を両方盛り込んでみました。ですが、これでよかったのか、どちらか一方に徹した方がよかったのか、自分でも分かりません。

ゲームの可能性


ゲームを作ってみて感じたのは、ゲームでは、自分がプレーヤーになりきって、主人公の生活や人生を疑似体験できるということです。これをうまく活用した「Auti-Sim」というゲームがあります。これは聴覚過敏症を持つ自閉症の子どもの世界を体験することを通じて、自閉症への理解を促すものだそうです。このあたり、うまくゲームを作れば、緘黙理解を促す面白いゲームができるかもしれないと思いました(私が作ったゲームは、そのあたりいまいちですが……)。

ゲームはまた、音楽や効果音などを用いて、効果的に演出することもできます。このあたりにも、ゲームの可能性がありそうです。

RPGは「経験値」を稼いで、キャラクターを少しずつ成長させる点に特徴があります。緘黙支援では、様々なことで経験値を上げることが緘黙の克服につながるとされ、また、段階的に不安に慣らすスモールステップの取り組みが行なわれることがありますが、この点、RPGは面白いかもしれません。『どうして声が出ないの?マンガでわかる場面緘黙』でも、「経験値」「レベルアップ」というRPGの用語を使った絶妙な解説がなされていました。今回のゲームでスモールステップの取り組みに入る中盤部分は、この本を読んでいなければ作れなかったことでしょう。

ところで、実は海外には、既に緘黙児のためのゲームが存在します。ゲームを通じて発話に慣れようというもので、実際に治療に使われています。ほかにも、緘黙ではないのですが、うつ病患者のために認知行動療法を学べるRPGなんてのもあるそうです。「シリアスゲーム」というのでしょうか、私もそうした治療効果のあるゲームを作ることができればよかったのですけれども、あいにくそのような専門性を持ち合わせていません。

むすび


緘黙はゲームのテーマには難しいかもしれませんが、ゲームという表現方法には可能性がありそうです。その可能性をうまく引き出せば、比較的若い世代の人を中心に、何か訴えることができるものが作れるかもしれません。腕に自信のある方はゲーム作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。私が作ったゲームはまだまだの出来でしたが、もっと作りようがあるはずです。

ゲームを作ること自体は、実はそんなに難しくありません。専用のソフトを使えばよいのです。実際、私もフリーの専用ソフト「WOLF RPGエディター」で作りました。専用ソフトの選び方、使い方によっては、RPG 以外のジャンルのゲームを作ることもできるそうです。

なお、私は最近のゲームをよく知りません。子どもの頃に遊んだゲーム(昔のドラクエなど)を思い出すなどしながらゲーム作りをしました。このため、私が作ったゲームはセンスがかなり古いかもしれません……。

※ 「バグがあった」「ゲームバランスが悪い」「スモールステップの取り組みを履き違えている」「いや、面白かった」など、ご意見があれば承ります。

関連記事


◇ 緘黙RPG修正版を公開、攻略や反省点 (新しいウィンドウで開く

関連ページ(2015年8月11日追加)


◇ 緘黙RPG(仮)専用ページ (新しいウィンドウで開く