「場面緘黙」と検索しても1件しかヒットしない時代があった

2015年08月12日(水曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙の認知拡大に、インターネットが一定の役割


「テレビ番組で場面緘黙症を知った」「マンガで緘黙を知った」

最近、テレビ番組や人気マンガなどで緘黙が取り上げられる機会が増えているように思います。ですが、緘黙が取り上げられるに至った経緯をよく調べてみると分かるのですが、これにはインターネット上で緘黙について情報発信などをしている人たちの言動が関係していることがあります。

また、日本最大の緘黙支援団体「かんもくネット」は、緘黙についての啓発活動を行い実績を積み重ねていますが、この団体はインターネット上の交流から生まれたものです(かんもくネットさんは、場面緘黙症Journal 掲示板での情報交換がきっかけで誕生した団体だとおっしゃってくださっています)。

このように、緘黙の認知拡大には、インターネット上での緘黙の当事者、経験者、保護者らの情報発信ややりとりが、一定の役割を果たしてきました。他のアジア諸国と比べると、日本のネット上での緘黙コミュニティの発展度合いは群を抜いています。

そのインターネットの緘黙コミュニティの起源をたどると


ところで、こうしたネット上の緘黙コミュニティの起源をたどると、2000年頃から発展した「ココロのひろば」などの、個人の緘黙ホームページの時代にまで遡ります。インターネットで「場面緘黙」と検索しても1件しかヒットしなかったという時期に、緘黙の個人ホームページが立ち上がっていきました。

この頃あたりから、インターネットで緘黙が話題になり始めます。そして、「ネットで緘黙を知った」という声が聞かれるようになっていき、その輪が広がりを見せていきます。私もこの頃に「ココロのひろば」が提供するウェブリング「緘黙の輪」に登録されていたサイトを偶然訪問したことから緘黙を知り、後に、こうしたサイトに影響されて「場面緘黙症Journal」を開設しました。

今日のネット上での緘黙コミュニティの発展の全てが、この個人ホームページ時代から続く流れのものとまでは言えないかも知れませんが、後の緘黙コミュニティの発展に与えた影響は少なくないはずです。

あまり顧みられない初期の緘黙ホームページ


ところが、こうした初期の緘黙ホームページの時代を語る人は、現在ほとんどいません。世代が代わったのかもしれませんが、少し残念です。今日の緘黙の認知拡大は、こういった初期の個人ホームページの時代を無視して考えることはできないと私は考えるからです。

といっても別に、初期の緘黙ホームページ開設者の功績を称えて銅像を建てろとか、そんな大仰なことを言うつもりはありませんが、もう少し顧みられてもいいような気がします。そういうわけで、毎年夏、歴史を思い起こす機会が多いこの時期に、意識的に緘黙サイトの歴史について語ることにしています。

関連リンク


↓ 「ココロのひろば」より。インターネットで「場面緘黙」と検索しても1件しかヒットしなかった頃に、サイトを立ち上げたことが書かれてあります。緘黙の啓発を考えている方には、ぜひ読んでいただきたいです。

◇ あとがき (新しいウィンドウで開く