緘黙RPG、やや規模の大きな更新をしました

2015年08月28日(金曜日)

アイキャッチ画像。
私が作った場面緘黙症の簡単なRPG(ロールプレイングゲーム)ですが、さらなる修正版を公開しました。

今回の更新により、まるで別ゲームになった……とまでは言いませんが、少し大きめの更新です。ゲーム最序盤はあまり変わりませんが、スモールステップの取り組みを始めると、だんだん変わってきます。プレイ時間も倍以上に増えました。

前回のゲームをよくよく思い返すと、スモールステップの取り組み方や、緘黙児自身の努力ばかり強調しているようにもとれる展開、話せないことが罪のようにもとれるシナリオに問題を感じるようになりました。そこで、このあたりを変更して、ついでに新たなイベントなどを多数盛り込んだり、細かいところを肉付けしたりしたのが今回の修正版です。

ダウンロード


↓ ここからダウンロードできます。Yahoo!ボックス へのリンク。
◇ 緘黙RPG(仮)ver.1.10 ZIP形式 9.6MB (新しいウィンドウで開く

------------------------------
[追記(2016年8月10日)]

上はかなり古いバージョンです。新しいバージョンのダウンロードは以下のページでお願い致します。

◇ 緘黙RPG - ダウンロード (新しいウィンドウで開く

また、ダウンロードせずともブラウザ上でプレイすることもできます。詳しくは、こちらをご覧ください。

◇ 緘黙RPGが、ブラウザ上でプレイできます (新しいウィンドウで開く

------------------------------

動作環境


ゲームの動作環境は、今までと変わりありません。動作OSは Windows2000、XP、Vista、Windows7 (Windows8ではソフトウェアモードで辛うじて)で確認されているとのことです。⇒ゲーム制作に使ったソフト WOLF RPGエディターのページ、動作環境の説明あり (新しいウィンドウで開く

なお、アンインストールについてですが、レジストリに変更を加えていないので、フォルダごと削除してくだされば結構です。

主な変更点


細かい変更点は数え上げればきりがないほどありますが、主なものに絞って挙げると、次の通りです。

○ ボリュームが増え、プレイ時間が大幅に増えました。今回はいちおうのエンディングを見るのに60分ぐらいかかるかもしれません(前回は20分~ぐらい)。それだけ、新しいイベントなどが増えているということです。

○ 主に3人パーティーでの冒険になりました。前回は、主人公と母親の2人パーティーでした。

○ ボス戦をいくつも用意しました。以前のバージョンでは、ボス戦は1つだけでした。

○ 戦闘の難易度を、ゲーム開始時に選択できるようにしました。「標準」「易しい」「難しい」の3段階です。

○ 通常戦闘BGM の音量が少し大きいように思われたので、調整しました。

バグについて


「アイテム図鑑」で収集したアイテムの詳細を見ようとすると、表示がずれるバグがあります。これは、修正版にアイテムアイコンを新たに導入した関係で発生するバグです。このバグを直したかったのですが、今の私には技術的に難しいですし、かといって、アイテム図鑑やアイテムアイコンは無くしたくなかったので、バグはそのままに公開することにしました(本当はよくないのですが)。

他にも、私には未確認のバグがあるかもしれません。ご指摘くだされば、できる範囲でなんとかします。

このゲームについて、色々


○ 2度も修正版を公開してすみません。遊んでくださる方、どれだけいらっしゃるかな……。

○ キャラクターメイキングの新要素「ボーナスポイントの割り振り」は、適当でも大丈夫です。間違って変な割り振り方をしても、何とかなるのではないかと思います。どうしても割り振りに自信のない方は、戦闘の難易度を「易しい」にしてみるとよいです。

○ スモールステップ最初の取り組みは、家に友達を招き、お母さんと一緒にスライム遊びをするというものに変更しています。これは『どうして声が出ないの?マンガでわかる場面緘黙』で書かれてある取り組みです。ただし、このゲームの「スライム遊び」は本とは内容が全然違います。

○ 「小4の緘黙児がああも仲間と連携し、重い剣を振り回してモンスターと戦えるものなのか」「なぜモンスターと戦って経験値を得ることが、発話場面の拡大につながるのか」という疑問を持っては、ゲームを楽しめません。

○ 緘黙の主人公が試練に立ち向かう場面(もっと言うとボス戦)で、「挫けぬ意思の刃」という少し作風が違う曲が流れます。この音楽素材だけ、ユーフルカさんという方の作曲です。大事な場面であることを強調するため、この曲を選んでいます。

※ この曲を作ったユーフルカさんのホームーページ。 (新しいウィンドウで開く

○ PLiCy という自作ゲームサイトで公開すると、スマートフォンでも遊べるようになるそうです。ですが、私はこのようなゲーム作り初学者の、しかも緘黙非専門家による試作ゲーム、そうした場での公開は恥ずかしくてできません。緘黙の認知向上にはよさそうなんですけれども。

○ このゲームをもっと作り込んで完成させてもいいのですが、それには消極的です。このサイトを更新するとか、もっと他のことに時間を使おうと考えています。

※ 今回の記事のアイキャッチ画像は、WOLF RPGエディターのマスコットキャラ、ウルファールと夕一。Takashi-Kさんという方の作品。この絵もイラスト素材で、利用条件の範囲内で使用しています。

関連記事


◇ 緘黙の簡単なRPGを作りました (新しいウィンドウで開く

◇ 緘黙RPG修正版を公開、攻略や反省点 (新しいウィンドウで開く

関連リンク


◇ 緘黙RPG(仮)専用ページ (新しいウィンドウで開く