国立施設で緘黙の研修、国会で議論されたことが実現か

2015年09月26日(土曜日)

アイキャッチ画像。
「選択性緘黙の現状と課題」と題する研修が、11月4日(火)、国立障害者リハビリテーションセンターで行なわれるそうです。

↓ 国立障害者リハビリテーションセンターのホームページへのリンクです。PDF(132KB)。なお、PDFを閲覧するには Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら (新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

◇ 平成27年度発達障害支援者研修会日程表 (新しいウィンドウで開く

[追記]

↓ 上記研修の実施要項です。主催:国立障害者リハビリテーションセンター、場所:国立障害者リハビリテーションセンター学院とあります。PDF(72KB)。

◇ 平成27年度発達障害支援者研修会実施要項 (新しいウィンドウで開く

↓ 参考ページ。申し込みもできます。

◇ 平成27年度研修日程 (新しいウィンドウで開く


「国立障害者リハビリテーションセンター」「緘黙」とくれば、今年3月25日(水)に行なわれた、衆議院厚生労働委員会での質疑が思い出されます。角田秀穂(つのだひでお)衆議院議員が緘黙について質問を行なったのに対し、厚生労働省の藤井康弘障害保健福祉部長が次のような趣旨の答弁をしました。

○ (厚労省は緘黙児の実態を把握しているかとの質問に対して)厚労省として把握していない。今後、どのような手法であれば実態把握が可能なのかという点も含めて研究をしていきたい。

○ 支援者の認識を高めることは大変重要な課題。現在考えているのは、巡回支援専門員を対象とした研修。国として国立障害者リハビリテーションセンターにおいて研修を実施しているが、これまで緘黙児をテーマとした講義は実施してこなかった。来年度から緘黙を研修のテーマに取り入れて理解が広がるよう努めたい(これは角田議員の提案に応えたもの)。

後者に注目です。もしかしたら、国会で議論されたことが実現したということなのかもしれません。来年度からという話でしたが、早くも今年度中に行なわれます。

関連記事


↓ 3月25日(水)の衆議院厚生労働委員会で、緘黙について質疑が行なわれたときに書いた記事です。
◇ 衆議院で、緘黙が再び議題に上がる (新しいウィンドウで開く