海外の緘黙啓発月間2015まとめ

2015年11月16日(月曜日)

アイキャッチ画像。
かつてない規模でした。

10月に海外で行なわれた場面緘黙症啓発月間のことです。昨年までは草の根のようなレベルで行なわれてきたこの啓発月間ですが、今年からは英国最大の緘黙支援団体 SMIRA がこの活動に加わりました。これにより、特に英国において、緘黙の啓発活動が大規模集中的に行なわれました。

そこで今回は、この海外で行なわれた緘黙啓発月間を振り返ってみたいと思います。特に啓発活動が盛んだった英国の状況については、ロンドン在住の MIKU さんという方が既にブログで書いていらっしゃるのですが、私は私で、独自に記録した掲示板「緘黙関連ニュース」の情報などを元にまとめてみたいと思います。

↓ MIKU さんのブログ「場面緘黙について考える-備忘録-」
※ イギリスの場面緘黙啓発月が終了しました (新しいウィンドウで開く
※ 場面緘黙が増加の傾向? (新しいウィンドウで開く

英国の状況


SMIRA が啓発月間開催を決めるまで


SMIRA は今年初めて啓発月間に参加しましたが、昨年の夏にはこんな話がありました。2014年8月に発行された英国発の緘黙専門のウェブマガジン Finding Our Voices に掲載されたインタビューの中でのやり取りの一部です。

インタビュアー:英国には公式の緘黙啓発月間はありませんが、SMIRA はいつもこの障害の認知拡大を図っています。どのように行なっていますか。

Although there is not an official SM awareness month in the UK, SMIRA are always raising awareness of the disorder. How do you do this?

SMIRA 役員 Lindsay Whittington さん:「SMIRAでは毎日が緘黙の啓発日です!」と私たちはいつも言っています。(以下略)

Lindsay: We always say that “Every day is awareness day at SMIRA!”...

https://smsupportmag.files.wordpress.com/2014/08/finding-our-voices-issue-1.pdf#5

ところが、2015年5月に、先ほどの Lindsay Whittington さんが Twitter でこう発言されました。この間に何かが変わったようです。

SMIRA は2015年10月1日~17日の緘黙啓発キャンペーンを告知します。

SMIRA announces #selectivemutism Awareness Campaign for October 1st-17th 2015.

https://twitter.com/SmiraLindsay/status/600623236087476224

啓発月間に先立つ動き


◇  SMIRA が Twitter を開始(8月)
https://twitter.com/InfoSmira

◇ SMIRA が Makeanoise4SM キャンペーン呼びかけを開始(9月)

Makeanoise4SM キャンペーンとは、何か音を出すショート動画や写真、文章などをネット上に公開して、同じ行為をするよう呼びかけるとともに、JustTextGiving による寄付の案内をその中に示すという活動です。

JustTextGiving とは、かつて日本にも参入していた携帯電話会社 Vodafone(本社:英国)による寄付サービスです。今回のキャンペーンの場合、携帯電話で 70070 に MAKE15 とテキスト入力すると、SMIRA に3ポンド(約560円)寄付される仕組みだそうです。

このキャンペーンを実施するにあたり、SMIRA は Makeanoise4SM キャンペーンの専用 Facebook ページを開設しました。
https://www.facebook.com/Makeanoise4SM/

◇ SMIRA が YouTube チャンネルを開設、動画を公開(9月)
https://www.youtube.com/watch?v=5BubEXLGmpU

◇ SMIRA が ロゴを変更(9月?)

SMIRAのロゴが変わりました。新ロゴは青で"SMiRA" と I だけ小文字にして、その下に小さく Challenging Selective Mutism と記したものです。

啓発月間中の動き


◇ SMIRA が啓発動画の日本語字幕版を公開
https://www.youtube.com/watch?v=ofa8WEQDIxU

◇ カースティーさん(緘黙経験者、元ミス英国)が Twitter に緘黙啓発の投稿
https://twitter.com/KirstyRosex/status/649578393827180545

◇ SMIRA がホームページをリニューアル
http://www.smira.org.uk/

◇ SMIRA が一般参加型のオープンイベントを開催
http://www.smira.org.uk/open-house-with-sm.html

このオープンイベントには、先ほどお話したロンドンの MIKU さんが参加されていて、先ほどの記事でその時のことが写真入りで報告されています。⇒そのブログ記事

◇ ロッチデールで Selective Mutsim Coffee Morning と題するイベントが開催

ロッチデールは、イングランド中北部、グレーターマンチェスターの都市。主催者が SMIRA かどうかは未確認です。集まったお金は、緘黙認知の研修活動のために使われる云々と次のページに書かれていたのですが、リンク切れになってしまいました。
http://www.rochdaleonline.co.uk/events/36015/events-in-rochdale/selective-mutsim-coffee-morning

イベント当日の様子を写した写真です。
https://twitter.com/RochdaleMind/status/657497256875151360
https://twitter.com/RochdaleMind/status/657497820853895168
https://twitter.com/RochdaleMind/status/657510609525866496

◇ メディアが緘黙を取り上げる

メディアがニュース記事やラジオ放送を通じて、緘黙を啓発する内容の報道を行ないました。私が確認した限り、その数15件でした。

緘黙を取り上げたのは多くがローカルメディアですが、一部に全国的なメディアがあります。

以下では緘黙を取り上げたメディアのリストを挙げますが、区別のために、大手の全国メディアには★を、緘黙啓発の目的で書かれた記事だけど啓発月間や Makeanoise4SM キャンペーンには触れていないものには※をつけました。

・ BBC Radio Leicester(現地時間10月1日(木)13:00~の番組で、13:07頃から10分ほど)
http://www.bbc.co.uk/programmes/p0322npy

・ BBC Three Counties Radio(現地時間10月4日(日)13:00~)
http://www.bbc.co.uk/programmes/p032l5nk

・ Herts & Essex Observer(現地時間10月7日(水))
http://www.hertsandessexobserver.co.uk/Miss-UK-Kirsty-Heslewood-speaks-support-Selective/story-27931707-detail/story.html

・ Warrington Guardian(現地時間10月7日(水))
http://www.warringtonguardian.co.uk/news/13806417.Mum_speaks_about_daughter_s_battle_with_condition_that_prevents_her_from_talking/

・ Wales Online(現地時間10月8日(木))
http://www.walesonline.co.uk/news/health/two-boys-rendered-completely-mute-10216040

★ Daily Mirror(現地時間10月8日(木))
http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/heartbreaking-condition-means-boys-unable-6594336

★ Daily Mail(現地時間10月8日(木))
http://www.dailymail.co.uk/health/article-3265299/The-brothers-t-speak-outside-home-Bradley-Aaron-two-growing-number-children-diagnosed-selective-mutism.html

※ News North Wales(現地時間10月9日(金))
http://www.newsnorthwales.co.uk/news/153580/wrexham-boys-are-mute-in-the-world-outside-their-home.aspx

※ The Leader(現地時間10月9日(金))
http://www.leaderlive.co.uk/news/153580/wrexham-boys-are-mute-in-the-world-outside-their-home.aspx

・ Daily Record & Sunday Mail(現地時間10月12日(月))
http://www.dailyrecord.co.uk/news/real-life/five-year-old-suffers-condition-6615629

・ 2BR News(現地時間10月20日(火))
http://www.2br.co.uk/news/local-news/1767110/make-a-noise-during-selective-mutism-awareness-month/

・ BBC Radio Scotland(現地時間10月20日(火)10:00~の番組で、12時間45分頃から15分間ほど)
http://www.bbc.co.uk/programmes/b06j7f53

・ Day Nursery(現地時間10月23日(金))
http://www.daynurseries.co.uk/news/article.cfm/id/1571841/boy-selective-mutism-tummy-jelly

★ Daily Telegraph(現地時間10月26日(月))
http://www.telegraph.co.uk/wellbeing/health-advice/selective-mutism-health-parent-child-advice/

・ Special Needs Jungle(現地時間10月26日(月))
http://www.specialneedsjungle.com/selective-mutism-when-anxiety-shuts-down-the-power-to-speak/

米国の状況


英国以外で目立った動きが見られたのは、米国です。米国最大の緘黙支援団体 Selective Mutism Group が、今回初めて、10月は緘黙啓発月間であるとして緘黙の認知度を高めようと呼びかけました。

↓ "Make Some Noise for Selective Mutism Awareness Month!"とありますが、SMIRA の Make a Noise キャンペーンの影響でしょうか?
http://www.selectivemutism.org/events/20151008_selective_mutism_awareness_month.pdf

また、以前から啓発月間の活動を行なっている Selective Mutism Network や Selective Mutism Awareness は、今回の啓発月間も、募金活動のアピールを行ないました。

他に、10月中に米国メディアで緘黙が取り上げられているのを何件か確認していますが、啓発月間とは関係がなさそうです。
http://www.isfreegames.com/selective-mutism-teens-and-adults/
http://news.health.com/2015/10/23/when-anxiety-silences-a-child/
http://www.msn.com/en-us/lifestyle/other/dr-max-gomez-selective-mutism/vi-BBmv21g?ocid=st
http://www.isfreegames.com/selective-mutism-teens-and-adults/

その他


Twibbon という、ツイッターやFacebookのアイコンにリボンをつけ、緘黙啓発キャンペーンに賛意を示そうという動きがありました。
http://twibbon.com/support/selective-mutism-awareness

主に英語圏の Twitter ユーザーでこれを確認しましたが、日本でも Twibbon キャンペーンに参加した方を3人確認しています(そのうちの1人は私です)。

むすび


大手緘黙支援団体が初参加、これまでにない規模に


今年は、SMIRA や SMG といった大手緘黙支援団体が初めて参加しました。この結果、啓発活動の規模がこれまでになく大きくなりました。

活動の実質的な中心は SMIRA でした。SMIRA はこの啓発月間のためにロゴを変えたり、ホームページをリニューアルしたりと、本格的に準備を行ないました。また、英国メディアでは1ヶ月間で私が確認しただけでも15件と、高頻度で緘黙が取り上げられましたが、これも SMIRA の存在によるところが大きいのでしょう。

来年の SMIRA は10月にどのような活動を行なうのでしょうか。米国の Selective Mutism Group はどう対応するのでしょうか。

ファンドレイジング、寄付


今回の記事では寄付とか募金という話をしていますが、厳密にはファンドレイジングという言い方の方が適当かもしれません。英国や米国には寄付文化が根付いているそうで、緘黙啓発月間中に緘黙支援のための資金を募る動きがあります。

蛇足・SMJ10周年


本日2015年11月16日をもって、場面緘黙症Journal は前身のブログから数えて10周年を迎えます!読んでくださっている皆様のおかげで、ここまで続けることができました。ありがとうございます!

↓ 場面緘黙症Journal 10周年に、喜びを爆発させる若者たち(嘘)
画像。