緘黙についての「3つの放置」

2015年11月24日(火曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症のシンポジウムなどでお馴染みの奥田健次氏が、子育て情報サイトの中で、緘黙児と思われる小学3年生を持つ母親への相談に回答しています。

↓ 子育て情報サイト「あんふぁん」内のコーナー「奥田健次の爆裂子育てインフェルノォォォォオオウ」へのリンク。
◇ 学校で発言をしない娘、どうしたらいい? (新しいウィンドウで開く

奥田氏をご存じない方はページを開いてびっくりされるかもしれませんが、奥田氏はこの道の専門家で、回答内容もしっかりしています。

奥田氏の回答で私が特に興味深いと感じたのは、緘黙についての3つの放置という指摘です。

○ 「家庭における放置(自宅では喋るから問題ないとすること)」
○ 「学校における放置(迷惑をかけていないから様子見すること)」
○ 「行政による放置」

実に言い得て妙だと、思わず膝を打ちました。

特に、「行政による放置」を指摘した点が鋭いです。家庭や学校での放置は実際に目に見えて行なわれるもので気付きやすいですが、行政レベルでの放置は、この点気付きにくそうです。

私流に見方を変えれば、家庭レベル、地域(学区、校区)レベル、自治体・国レベルのそれぞれで、緘黙児への適切な支援が必ずしも行われていないと言うこともできるかもしれません。ソーシャルワークの専門用語を参考にして言うと、ミクロ・メゾ・マクロのいずれのレベルでも適切な支援が行われていない場合があるということでしょうか。

緘黙児に適切な支援が行われるようにするには、緘黙の啓発など様々な方法が考えられますが、それぞれのレベルによってその方法も違ってきそうです。行政レベルだと、啓発よりも、直接的な働きかけが主な方法になるかもしれません。

それにしても、「3つの放置」とは本当によく言ったものです。今度から引用したいです(もうしてますね)。

[追記(11月25日)]

表現を少し修正しました。


蛇足


緘黙RPG 1.20 の小規模な修正版 ver.1.21 を公開しました。敵キャラなど一部のグラフィックの画質が悪かったので修正しました。あと、警察イベントがあんまりだったので削除して、代わりにミニゲームを集めた「よい子のゲームセンター」(?)を作るなどしています。

↓ ゲームセンターのミニゲームの一つ「タイピングゲーム」をしている場面。サムネイルをクリックすると新しいウィンドウが開き、拡大画像を見られます(28.7KB)。



◇ 緘黙RPG(仮) ダウンロードページ (新しいウィンドウで開く