緘黙・2015年の十大ニュース

2015年12月25日(金曜日)

アイキャッチ画像。
年末恒例、私の独断と偏見で選ぶ緘黙関係の十大ニュースです。少し遅くなりましたが、今年一年をニュースで振り返りたいと思います。

1月 緘黙の署名に賛同者100人超、文科省に提出


教育現場など子どもたちと関わる仕事に従事する人たちに、緘黙への正しい知識の習得を促すことを趣旨とする署名を募る呼びかけが、2014年12月30日に始まりました。署名は Change.org で行なわれ、1月31日には署名の数が目標とする100人に到達しました。翌2月1日には、発起人により文部科学省へ提出されています。

2月 『私はかんもくガール』刊行


緘黙を克服した、らせんゆむさんによるコミックエッセイ『私はかんもくガール』が2月に刊行されました。

この本は、広告、書評などメディアで大きく扱われました。私が確認したものでは、以下の通りです。『毎日新聞』朝刊1面に広告が掲載(2月16日)、『月刊学校教育相談』に書評掲載(4月号)、ブログ「ロテ職人の臨床心理学的Blog」に書評掲載(3月9日)、BOOKSTAND に紹介記事(3月28日)、『毎日新聞』朝刊?に広告が掲載(5月17日)、『小学保健ニュース』に記事掲載(9月号)、『読売新聞』に書評が掲載(11月8日)。

3月 衆議院で、緘黙が2度も単独の議題に上がる


衆議院予算委員会第四分科会(3月10日)と衆議院厚生労働委員会(3月25日)で、緘黙が単独の議題に上がりました。国会で緘黙が単独の議題に上がったのは初めてのことです。質問を行なった議員は、いずれも角田秀穂(つのだひでお)衆議院議員です。それに対し、答弁を行なったのはそれぞれ小松親次郎初等中等教育局長(文部科学省)と藤井康弘障害保健福祉部長(厚生労働省)でした。

これに対する国側の答弁の一つに、来年度から国立障害者リハビリテーションセンターで緘黙を研修のテーマに取り入れるというものがありました。それまで同センターで緘黙をテーマとした研修が実施されたことはなかったそうです。その後、11月4日(火)、同センター緘黙の研修が行なわれました。国会で議論されたことが実現したのでしょうか。

4月 『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』刊行


スクールカウンセラーや教師、学校の管理職、スクールソーシャルワーカーなどの学校関係者が、行動療法で緘黙児を支援するための具体的な方法を示した本『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』が刊行されました。『親子でできる引っ込み思案な子どもの支援』の姉妹書のような位置づけです。近年緘黙の本の出版が相次いでいますが、学校関係者向けの緘黙の和書は出ていませんでした。

5月 NHK「ハートネットTV」が緘黙をテーマに


NHK Eテレ(NHK教育)の番組「ハートネットTV」が、緘黙を主要テーマに据えた番組を放送したそうです(5月28日)。また、同日、「ハートネットTV」に出演した荻上チキさんが、TBS ラジオ「荻上チキ・Session-22」の中で緘黙について触れたそうです。

7月 英国で BBC 等が大人の緘黙を正面から取り上げる


これまで見過ごされがちだった大人の緘黙を、7月、英 BBC が正面から取り上げました。また、英国心理学会のブログでも、大人の緘黙の研究を主題とする記事を7月に公開しました。どちらもシェアが広がっています。

これで大人の緘黙の存在が公に認められた……とまでは言えないかもしれませんが、メディアと学術界でこのように取り上げられた意義は大きいです。

8月 かんもくフォーラム開催


8月1日~2日の2日間にわたって、国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて、「かんもくフォーラム」と題するこの年最大のイベントが行なわれました。複数日にわたる緘黙のイベントは、日本ではおそらく初めてです。その内容は、定員200名のオープニング講演会、交流会、5つの分科会、ミニライブなどのクロージングイベントなどで構成されていたそうです。

フォーラムでは緘黙の専門家らが複数参加したほか、緘黙に何らかのかたちで関わったことのある著名人らがメッセージを寄せていたそうです。

10月 緘黙啓発月間に SMIRA が参加


海外、特に英語圏では、10月は緘黙の啓発月間です。今年はこのキャンペーンに初めて大手緘黙支援団体が加わりました。英国の SMIRA です。これにより、英国において大規模な啓発活動が集中的に行なわれました。また、米国の緘黙支援団体最大手 SMG が、今年初めてこれに言及しています。

通年 「放課後カルテ」と緘黙


女性コミック誌『BE・LOVE』に連載中の医療漫画「放課後カルテ」で、昨年から緘黙を主題とした話が続いていたのですが、今年の1月、緘黙編の最終回が描かれました。2月には単行本第8巻が発売、緘黙編を中心に収録されました。

7月には、作者と編集者、『BE・LOVE』編集長らを講師に招いた緘黙の講演会が、白梅学園大学で開催。同7月には、緘黙編の最終回を収録した単行本第9巻が発売されました。

この漫画の緘黙についての表現は実に的確で、素晴らしいです。

通年 米国で、緘黙の集中療法がメディアで何度も取り上げられる


米国では、Steven Kurtz 博士が開発した緘黙の集中プログラムが広がっているのですが、それが大手メディアで何度も取り上げられています。Scientific American Mind(4月)The New York Times(8月)The Wall Street Journal(8月)CBS (10月)など。

米国における緘黙支援のあり方に、ちょっとした革命が起きていると感じています。

トップ10に入れるか迷ったもの


以上10件は、私が独断と偏見で選んだものです。選ぶ人によって、どの10件が入るかは変わってくるだろうと思います。

他にも大きなニュースは多数あり、どれをトップ10に入れるかは迷いました。選外になったものの、候補に入った大きなニュース20件をご紹介します。

1月 『校庭に東風吹いて』映画化が決定
3月 NHKラジオ第一「すっぴん!」が緘黙に触れる
3月 「尾木ママ」がブログで緘黙を取り上げ、物議
5月 かんもくネットの会員数が1000人を超える
7月 山形で初となる緘黙の講演会開催
7月 北海道で「かんもくグループ」が始動
8月 沖田×華さんの連載漫画に緘黙
9月 「世界一受けたい授業」が緘黙に触れる
9月 特殊教育学会の大会で緘黙のシンポ2件、ポスター発表8件
9月 映画「心が叫びたがってるんだ。」が話題に
10月 認知・行動療法学会の大会で緘黙のケーススタディ、ポスター発表も
11月 埼玉で勉強会
11月 筑波大で講演会
12月 Selective Mutism in Our Own Words 刊行
1~2月 BBC が緘黙を繰り返し取り上げる
1月と5月 「バリバラ」が緘黙に触れる
2月と7月 NHK富山、『北日本新聞』が緘黙を取り上げる
7月~9月 『小学保健ニュース』で緘黙の連載
通年 緘黙のコミックエッセイが、ネット上に次々に登場
通年 英国で、selective mutism より situational mutism を支持する声が上がる