SMJ10周年!新春インタビュー 2016後編

2016年01月02日(土曜日)

アイキャッチ画像。
お多福新春インタビューの後編をお送りします。テーマは前編に引き続き、場面緘黙症Journal 10周年です!

※ 前編の記事はこちら。 (新しいウィンドウで開く

変わりゆく場面緘黙症 Journal


お多福10年続く場面緘黙症Journal ですが、その内容は意外にも変わってきています。例えば、昔は「論文情報」というコーナーがあったのですが、無くなってしまいました。

若侍「論文情報」は、2007年12月14日から2013年1月15日まで続いたコーナーでした。あのコーナーを作った2007年当時は、日本では緘黙の研究者が1990年頃から絶えてしまって、そのため海外の先進的潮流が入ってきていないという主張が信じられつつある時代でした。

若侍確かに、緘黙を専門的に研究していた人は、当時日本にはいなかったかもしれません。ですが、緘黙に関する研究発表に関していうと、これはむしろ増加傾向にありました(ほとんどは事例研究でした)。私としては緘黙に関する研究発表がまるで日本にはないという誤解が広まってほしくなくて、それがあのコーナーを作った最大の動機でした。

お多福「論文情報」コーナーは無くなりましたが、その中の小コーナー「最近の緘黙関連論文」は残り、現在は掲示板の「緘黙関連ニュース」に統合されています。「緘黙関連ニュース」は、2013年7月21日に始まった比較的新しいコーナーです。

若侍「緘黙関連ニュース」を作ったきっかけは、Twitter でした。Twitter では、私は緘黙に関するニュースを見つけて備忘録代わりとして投稿していたのですが、そんな私の Twitter アカウントをフォローしてくださる方がいらっしゃって。それなら、私が見つけた緘黙のニュースを Twitter だけではなくて、自サイトでも公開しようという発想から、「緘黙関連ニュース」を始めました。

お多福最近では、ブログのアクセスカウンターが実に5年ぶりに復活しました。PC版ブログだと右サイドバー、スマートフォン版ブログだと下の方にあります。なぜ再設置したのですか?

若侍最近、ブログや掲示板にコメントしてくださる方が少なくて。「このサイト、誰も見てないんじゃ」と思われ、アクセスしてくださる方が減っていくと嫌だなと思ったんです。なお、あのアクセスカウンターはブログのアクセス数を集計したものです(従来型携帯電話でのアクセス数は除く)。

実現しなかった企画


若侍一方、場面緘黙症Journal としてこういうことをやってみようかと漠然と考えたけれども、結局やらなかった企画なんてのもあります。例えば、Google に広告を出すとか。

お多福Google に場面緘黙症Journal の広告を!?そういえば、7、8年前にそんなことをブログで書かれてましたね!当時、米国の場面緘黙症不安治療研究センター(SMart Center)が Google に広告を出していて、それにならおうと。費用対効果からあきらめたんでしたっけ。

若侍よく覚えてますね。あと、仮想世界「セカンドライフ」に、場面緘黙症Journal の仮想事務所を作る企画とか。これは相互リンク先のブログにコメントしたことがあるのですが、ここでお話しするのは初めてです。

お多福「セカンドライフ」!そういえば、一時期話題になりました。大企業も数多く参入していましたよね。今では撤退しちゃったみたいですが。

お多福セカンドライフでの場面緘黙症Journal 仮想事務所の設置はやめたみたいですが、現在完成版を制作中の「緘黙RPG」。あのゲームの中に、場面緘黙症Journal の仮想事務所を作ることはできませんか?あの「ウディタ」というゲーム制作ツールは簡単な通信機能に対応していて、オンラインゲームも作れると聞きました。工夫次第で、面白いことができるのでは?

若侍あー、それは考えたことありませんでした。でも、セカンドライフのような開かれた仮想空間で事務所構えるのとは違うからなあ。通信機能も私には色々と難しそうだし。とりあえず考えてみますが、あまり期待はしないでくださいね。


「緘黙の輪」登録サイトの生き残り


お多福場面緘黙症Journal は、今では数少なくなった個人運営の緘黙ホームページです!そして、あの「緘黙の輪」登録サイトの生き残りです!まだまだ長く続けてください!

若侍「緘黙の輪」は、昔はほとんどの緘黙関係サイトをつないでいたウェブリングだったのですが、現在旧緘黙の輪登録サイトで更新があるのは、「くじらのしっぽ」「場面緘黙症専用」「RA・SHI・KU」と、うちぐらいかな。どこまで続けられるか分かりませんが、この調子で続けられればいいです。

※ 今年もよろしくお願いいたします。

場面緘黙症Journal 年表


11/16/2005
ブログ「ニートひきこもりJournal」開設。 「はじめに」の中で、緘黙について言及。

12/02/2005
「ニートひきこもりJournal」で、緘黙を主題とした記事の公開を開始。

01/14/2006
ブログ「ニートひきこもりJournal」の緘黙関連コンテンツを独立し、「場面緘黙症Journal」のブログを開始。

05/07/2006
掲示板を設置。

12/06/2006
http://smjournal.sakura.ne.jp にてサイト公開。

02/06/2007
独自ドメイン smjournal.com を取得。

06/30/2007
緘黙の啓発動画を、動画サイトで公開。

05/18/2008
拍手機能を導入。

01/08/2010
Twitter 開始。

01/14/2013
新しい掲示板を設置。

05/07/2013
smjournal.com がスマートフォンに対応。

06/16/2013~翌2、3月頃
smjournal.comを段階的にリニューアル。

07/21/2013
掲示板で「緘黙関連ニュース」開始。

06/04/2015
旧掲示板を閉鎖。