『放課後カルテ』の新情報(緘黙関係)

2016年01月14日(木曜日)

アイキャッチ画像。

10巻が発売


1月13日(水)に『放課後カルテ』第10巻が、発売されました(地域によっては14日以降に発売)。

『放課後カルテ』といえば、第8巻第9巻で、場面緘黙症をテーマとした話を5回にわたって展開していた学校医療マンガです。

第10巻では緘黙に関わることはほとんど描かれていないのですが、読んでみてやはり面白かったです。私は、直君と晴也君の話が好きです。

緘黙講演会の簡単な報告があります


ですが、緘黙のことが全く描かれていないわけではありません。巻末のあとがきマンガの中で、2015年7月に白梅学園大学で行なわれた講演会「マンガ『放課後カルテ』から知る子どもの場面かん黙症」の簡単な報告が1ページほどあります。この講演会では、作者の日生マユ先生らが講師でした。

なお、この講演会については、緘黙を経験した Yukko さんという方がブログの中で詳しいリポートをされています。ただし、第10巻のあとがきにはここにない話もあります。

↓ Yukko さんのブログへのリンクです。
※ 放課後カルテ講演会レポート (新しいウィンドウで開く

真愛ちゃんが2年生に進級


『放課後カルテ』第10巻本編では子どもたちの卒業、入学、進級が描かれています。1年生だった緘黙の真愛(まい)ちゃんの進級も、簡単にではありますが描かれています。

10巻記念の絵に、真愛ちゃんの姿も


今回は第10巻を記念して、

(1)初版限定 描きおろしカラーメッセージペーパー全冊封入!!
(2)サイン入り複製原画プレゼント!!(10名)

の企画があります。このうち描きおろしカラーメッセージペーパーには、真愛ちゃんも少し描かれています。

日生先生インタビュー:特に反響の大きかった話は、緘黙


第10巻発売にあたって、日生先生へのインタビュー記事が「講談社コミックプラス」で公開されました(1月14日)。特に反響の大きかったお話として、緘黙の回が挙げられています。

↓ 「講談社コミックプラス」へのリンク。
※ 小学生のリアル、悩みと病気。母親や教師が絶賛共鳴!の裏で (新しいウィンドウで開く

[追記(2016年1月15日)]

「現代ビジネス」でも、このインタビュー記事が掲載されています。本来の掲載誌とは読者層が異なると思われる「現代ビジネス」に、緘黙の情報が掲載されたのは大きいです。

↓ 「現代ビジネス」へのリンク。
※ 過眠症、過食症、そして虐待・・・話題コミック『放課後カルテ』が教えてくれる、親にも分からない「子どもたちのSOS」 (新しいウィンドウで開く


[再追記(2016年1月15日)]

「Yahoo!Japanニュース」「livedoor NEWS」でも、このインタビュー記事が掲載されています。その他、今後も、もし他のニュースサイトでも掲載を確認すれば、「緘黙関連ニュース」に追記します。

※ http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160115-00047352-biz_gendai-nb (新しいウィンドウで開く

※ http://news.livedoor.com/article/detail/11068491/ (新しいウィンドウで開く

おまけ


↓ 「緘黙RPG」完成版に、架空の漫画家「日主ユユ先生」が少しだけ登場予定。少女漫画雑誌『べー・らぶ』で「授業中カルテ」を連載しているという設定。下の画像の、赤い帽子のキャラクターがそうです。日生先生、すみません。

※ 画像をクリックすると新しいウィンドウが開き、拡大画像を見られます(43.8KB)。

放課後カルテ(10) (BE LOVE KC)
日生 マユ
講談社 (2016-01-13)