言語化の階層

2016年01月28日(木曜日)

アイキャッチ画像。

言語化の階層


米国の場面緘黙症の専門家 Steven Kurtz 博士は、言語化の階層(hierarchy of verbalizations)という考え方を示しています(SelectiveMutismLearning KPCPC, 2015)。これは興味深いと思いましたので、ご紹介してみます。

言語化の階層(hierarchy of verbalizations)

○ 音や声(Sounds and Voices)
○ 反応的な言語化(Responsive)
○ 自発的な言語化(Spontaneous)
○ 社会的に期待される言語化(Socially Expected)

このうち「反応的な言語化」は、質問や命令など、相手からの促しの結果として起こるものと説明されています。(Following a prompt (question or command))

また、「自発的な言語化」は、自分から始める言語化のことと説明されています。(Self-initiated)

そして、「社会的に期待される言語化」としては、Hellow, Good-bye, excuse me, please, thank you といった挨拶が例として挙げられています。

同博士の緘黙支援プログラムではまず「反応的な言語化」を目標とし、次いで「自発的な言語化」「社会的に期待される言語化」へと進むそうです。下に行くほど、緘黙の人にとって難しいということでしょう。

私なりの解釈


これについて、私なりの解釈を書いてみたいと思います(念のためお断りしておきますが、私は専門家でも何でもありません)。

緘黙の人の不安や発話に影響する要素として、よく

○ 人
○ 場所
○ 活動

の三要素が挙げられます(Mcholmら、2007; かんもくネット、2008)。誰に対して話すか(人)、どこで話すか(場所)、どんな活動か(活動)によって、緘黙の人の安心感レベルや発話行動は変わります。

先ほどご紹介した言語化の階層は、このうち「活動」の、特に言語化を伴うものに焦点を当てたものと解釈することもできるのではないかと思います。

「人」「場所」「活動」の三要素に分ける考え方は、緘黙の人へのスモールステップの取り組み(行動療法)で取り入れられています。「言語化の階層」の考え方も、「活動」の言語化に焦点を当てたものと見ると、スモールステップの取り組みの中で生かすことができるかもしれません。

参考にしたもの


↓ Steven Kurtz 博士の動画。ここで言語化の階層について解説されています。56分21秒より。同博士の治療プログラム PCIT-SM を構成する Verbal Directed Interaction (VDI) の中での考え方のようです。
◇ SelectiveMutismLearning KPCPC. (2015). SM 101 Primer for Parents, Therapists & Educators (新しいウィンドウで開く
なお、この動画は本来 Selective Mutism Learning University というサイトで公開されているものです。
◇ SELECTIVE MUTISM 101 - Welcome to Selective Mutism Learning University (新しいウィンドウで開く

◇ Mcholm, A.E., Cunningham, C.E., and Vanier, M.K. (2007). 『場面緘黙児への支援』(河井英子・吉原桂子・訳)田研出版。 (Original work published 2004)

◇ かんもくネット著、角田圭子編(2008)『場面緘黙Q&A-幼稚園や学校でおしゃべりできない子どもたち』学苑社。