緘黙児は何回答える機会を逸している?

2016年12月01日(木曜日)


答えないことが得意になってしまう


13万120回。

場面緘黙症の9歳児が、1年間で学校で質問に答える機会を逸している回数だそうです。アメリカの有力な緘黙専門家 Steven Kurtz 博士による、大雑把な推計です。

博士が実際に観察したところ、1分間に2回とのことでした。それをもとに単純な掛け算で推計したら、そうなるのだそうです。

1分で2回
10分で20回
1日で720回
1年で13万120回

↓ YouTube へのリンクです。
◇ Steven Kurtz 博士の話 (新しいウィンドウで開く

※ なお、この動画は Selective Mutism Learning University (新しいウィンドウで開く)というサイト内の動画として一般公開されているものです。著者は Kurtz Psychology Consulting PC (新しいウィンドウで開く)です。

10万回も繰り返すと、質問に答えないことがいわば得意になってしまうと博士は話しています。これを専門用語で overlearning(過剰学習)と呼ぶそうです。博士はこうした緘黙児のための集中的な行動療法プログラムを開発しました。このプログラムはアメリカで広まりを見せています。

アメリカの小学校のことはよく知りませんが、日本の小学校の場合、さすがに13万120回はないように思います。小学校で過ごす時間の多くは授業で占められています。授業は座学のものが多く、静かに座って先生の話をとりながらノートをとるというスタイルが基本ではないかと思います。

授業で先生に当てられたり、班活動で同級生とコミュニケーションを迫られたり、休み時間に同級生から何かを聞かれたりといった場面で、答える機会を逸するということはあります。ですが、それは1日の中で700回もあったりはしないでしょう。日本では、アメリカほどoverlearning(過剰学習)がひどくはならないのでしょうか。

もっとも、私のこの認識は古いかもしれません。近年の小学校は、コミュニケーションが重視されるようになってきているとも聞き、このあたりもう一つ分からない部分もあります。

付録・小学校の時間割を分析~緘黙児は学校でどう過ごしているか


それにしても、こうして緘黙児が質問に答える機会をどれだけ逸しているかを、具体的な数字で示すアイディアは興味深いです。

そこで、私はそれをヒントに、近年の小学校の標準的な時間割をざっと分析してみることにしました。これによって、緘黙児が小学校でどのような時間の過ごし方をして、その中で発話を逸する機会がどれだけあるのかを把握するための手掛かりが得られるかもしれないと考えたからです。

かなり大雑把なやり方ですが、Google で「"小学校" "時間割"」と検索し、上位表示された小学校のホームページの中から、時間帯を見ていくことにします。





緘黙児は、挨拶言葉が特に苦手?

2016年11月06日(日曜日)


電子書籍の可能性を感じさせます。Kindle の「ポピュラー・ハイライト」という機能のことです。他の読者が、その本のどの箇所に多くマーカー(線)を引いたかが分かる機能です。

場面緘黙症の電子書籍についても、どの箇所に読者が多くマーカーを引いたかが分かります。私が持っている電子書籍だと、マーカーを引いた読者が際立って多い本が Aimee Kotrba 著 Selective Mutism: An Assessment and Intervention Guide for Therapists, Educators and Parents です。2014年に発売された洋書で、著者はアメリカ最大の緘黙支援団体 Selective Mutism Association (Selective Mutism Group から改称)の会長を務めたことのある認定臨床心理学者です。

※ 緘黙の和書では、電子書籍はほとんどありません。

その本の中でも、最も多くマーカーが引かれた箇所の一つが、気になりました。

緘黙児は、挨拶言葉が特に苦手?


興味深いことに、丁寧な言葉はしばしば、緘黙児が口に出すのに最も難しい言葉です。そして、このことは親の困惑を大きくします。

Interestingly, polite words are often the hardest words for children with SM to say, and this adds to the embarrassment of parents.

その「丁寧な言葉」(polite words)とは何かというと、続く文で例が挙げられています。Hi, Goodbye, Sorry, Please, Thank you, Excuse me がそうだというのです。どうやら、挨拶言葉のことらしいです。マーカーが引かれた件数が多いことから(現在21件)、読者の注目が集まっているようです。

緘黙児と挨拶については、イギリス在住の MIKU さん(元緘黙児の母、かんもくネット事務局員)も似たことをおっしゃっています。

↓ MIKU さんのブログへのリンクです。
◇ 「ごめんなさい」がいえなくて (新しいウィンドウで開く


私にとっては意外な指摘、理由も分からない


この指摘は、私にとって意外でした。私も学校で話せない経験をした者ですが、挨拶言葉が特に苦手という意識はなかったと思うからです。確かに、緘黙だと挨拶ができないという話はよく聞きますが、私としては、それは声が出ないからと解釈していて、挨拶言葉そのものが口に出しにくいとは思いもよりませんでした。それとも、これは海外での話であって、日本では事情が違うのでしょうか。

緘黙児が挨拶言葉が苦手だとしたら、その理由は何なのでしょう。 Aimee Kotrba 氏はその理由については触れず、「興味深いことに」(Interestingly)として取り上げているだけです。同氏にも確たる理由は分からないのでしょう。もちろん、私にも分かりません。もしかしたら、挨拶をする時には多少の感情がこもってしまうので、感情を出すことの抵抗感もあいまってそうなってしまうのだろうかとも思うのですが、この説には自信がありません。

とにかく、もしこれが事実だとしたら、緘黙支援で挨拶ができるようにするのを小目標にするのは、緘黙症状がそれなりに改善してからでないと難しいのかもしれません。 Aimee Kotrba 氏も同じことを述べていて、その箇所にもマーカーを引く読者が多いです。

場面緘黙症だった有名人2016

2016年07月13日(水曜日)

アイキャッチ画像。
かつて場面緘黙症だった、あるいは緘黙だったと思われると公の場で話した有名人をまとめたいと思います。2013年に書いた記事の改訂版です。

日本


桂あやめさん


桂あやめの艶姿ナニワ娘落語家。幼稚園から小学3年まで場面緘黙症と思われる症状を経験されたそうです。

2015年に、NHK Eテレ「ハートネットTV」の緘黙特集に出演。2016年8月に予定されているイベント「かんもくフォーラム2016」では、特別講演をされることが決まっています。

↓ 桂あやめさんへのインタビュー記事。NHKホームページへのリンク。
◇ 【出演者インタビュー】桂 あやめさん「場面緘黙。周りが特別な目で見るから抜け出せないというのはあると思いますね」 (新しいウィンドウで開く

[追記(2016年7月14日)]

↓ 私がこの記事を書いた翌日、偶然にもこういう記事が出ました。
◇ 一言も話せない女の子が落語家に  朝ドラ『ちりとてちん』ヒロインのモデルの知られざる過去とは (新しいウィンドウで開く


沖田×華(おきたばっか)さん


こりずに毎日やらかしてます。発達障害漫画家の日常漫画家。自伝的漫画『蜃気楼家族』や『ガキのためいき』などの作品があり、単行本が多数出ています。

アスペルガー(最新の DSM の診断名だと自閉症スペクトラム障害)の二次障害としての緘黙だったそうです。このため、米国精神医学会による DSM-5 や 世界保健機関による ICD-10 が定義する選択性緘黙とは違うのですが、広い意味で場面緘黙症だったと言えます。

[関連記事]

◇ 沖田×華さんが、連載漫画で緘黙について描く (新しいウィンドウで開く
◇ 女性コミック誌に「場面緘黙症」 (新しいウィンドウで開く


はあちゅうさん


半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)伊藤春香さん。人気ブロガー、作家。テレビ番組「スッキリ!!」のコメンテーターとしてご記憶の方も多いだろうと思います。

18才までは人と関わるのが苦手で、家族からは緘黙だと思われていたそうです。はあちゅうさんご自身も緘黙だったと思うと Twitter で話されています。

↓ Twitter で緘黙について話す、はあちゅうさん。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ https://twitter.com/ha_chu/status/598162129389285376 (新しいウィンドウで開く

↓ はあちゅうさんへのインタビュー記事。上~中段あたりで、緘黙について話されています。「DMM英会話ブログ」へのリンク。
◇ 「やりたいことは降ってこない」はあちゅうから学ぶ、人生をサバイブしながら夢を叶える方法 (新しいウィンドウで開く


海外