日本初の緘黙研究?「口をきかない子供」(1951)・前編

2007年06月17日(日曜日)

日本における緘黙研究の起源をたどろうと、いろいろ調べていました。

私が確認した限り、日本で最も古い緘黙研究文献は、国立国府台病院児童部(当時)の高木四郎氏が著した「口をきかない子供」(1951)です。[1] 高木氏自身も、後に「これを取り上げたのは、わが国でもおそらくわたしが最初であると思うが」と述べています。[2]

今回は、この文献についてお話します。

* * * * * * * * * *

■ 「口をきかない子供」の構成

「口をきかない子供」の構成は、以下のようにまとめることができます。

○ 緘黙児の定義
○ 緘黙児の数
○ 緘黙の原因
○ 筆者が経験した緘黙児の事例4例
○ 結び

わずか4ページと4分の1の分量ですが、緘黙児の数や原因、事例にまで踏み込んでいます。国内初の研究文献とは思えない充実した内容です。