緘黙・2013年の十大ニュース

2013年12月15日(日曜日)

アイキャッチ画像。
今年もやってきました。私の独断と偏見で選ぶ、緘黙関係の2013年の十大ニュースです。

[2月 「ザ!世界仰天ニュース」に緘黙]

2月13日、日本テレビ系でゴールデンタイムに放送されている「ザ!世界仰天ニュース」という番組で「静かな少女の秘密」と題する少女の話が紹介されました。話の内容は、英国在住の女性で、ミス・コンテストで活躍していた Kirsty Heslewood(カースティ・ヘイズルウッド)さんの場面緘黙症に関するものだったそうです。緘黙が日本のテレビ局(地上波)のゴールデンタイムで取り上げられた例は、私はそれまで聞いたことがありません。

反響は大きかったようで、Google トレンドによりますと、この時期に「緘黙」の検索ボリュームが急増し、以後高い水準で推移しています。また、緘黙に関する数々のウェブサイトでアクセス数が急増したそうです。さらに、この番組を機に自分が緘黙だったことを知ったという方の書き込みがネット上の様々な場で投稿されました。

[6月 元緘黙児がミス・イングランドに]

そのカースティさんですが、6月17日にミス・イングランドに輝きました。決勝でコンテスト参加の動機について聞かれたカースティさんは、その答えの中で selective mutism(場面緘黙症)の用語を出して話されています。自分に自身が持てず、緘黙だった経験が、モデル業やミスコンテスト参加の根っこにあったようです。これにより、カースティさんと緘黙に関する記事が英国の新聞に掲載されました。

9月にはイングランドを代表してミス・ワールド世界大会に出場、127の世界のミスの中で、セミファイナリストの10人(6位)に選ばれ、ミス・英国のタイトルも獲得しました。

[9月 『どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙-』刊行]

どうして声が出ないの?: マンガでわかる場面緘黙9月5日、マンガつき解説書『どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙-』が刊行されました。好評のようです。新聞や有名ブログ、ニュースサイトなどに、この本の書評が掲載されました。はやしみこ著、金原洋治監修、かんもくネット編集で、出版社は学苑社です。



[9月 緘黙症シンポジウム開催、日本緘黙研究会発足]

かんもくの会の代表などが毎年企画する緘黙症シンポジウムです。今年は、『緘黙症当事者の多様性と類型化- 個性に応じた対応のために-』というタイトルで、日本特殊教育学会第51回大会自主シンポジウムとして開催されました。後日、このシンポジウムの報告が、ダイヤモンド社の情報サイト「ダイヤモンドオンライン」などに載りました。

また、この場で、日本緘黙研究会(仮称)が発足したそうです。同研究会の活動内容は現在のところ分からないのですが、今後に期待を込めて、ここで取り上げます。

[10月 カースティさんによる緘黙の支援]

カースティさんはミス・イングランドの任務の一環として、英国の緘黙支援団体 SMIRA をサポートされています。10月19には、SMIRA の21周年パーティーが行われ、カースティさんも出席されました。

このとき、日本のかんもくネットの方も出席し、カースティさんにお会いになったようです。日本の緘黙経験者や保護者のメッセージを英訳したものがカースティさんに送られ、また、カースティさんから日本の方へのメッセージも送られました。詳しくは、かんもくネットのウェブサイトへ。






緘黙・2012年の十大ニュース

2012年12月18日(火曜日)

私の独断と偏見で選ぶ、緘黙関係の2012年の十大ニュースです。今年はランキング形式はやめます。なお、過去にこのブログで記事にしたものについては、該当記事へのリンクも貼っています。

[2月 医師国家試験で、緘黙の理解を問う問題が出題される]

今年行われた第106回医師国家試験A問題50は、選択緘黙(場面緘黙症)の理解を問うものでした。

↓ 厚労省HPへのリンクです。
※ 第106回医師国家試験の問題および正答について
新しいウィンドウで開く

[3月頃? 長野県に、新しい緘黙の支援団体ができる]

この団体には、大学の先生が関わっています。活発な活動を行っているようです。

[4月 英大衆紙 DailyMail に緘黙の記事]

英国でも特に発行部数が多く、アクセス数もある大衆紙に、緘黙を主題とした記事が掲載されました。

※ ブログ記事・人気大衆紙DailyMailに緘黙の記事
新しいウィンドウで開く

[5月 緘黙経験者が、ロンドン五輪の聖火ランナーに]

緘黙を克服した男性がロンドンオリンピックの聖火ランナーになり、メディアでも取り上げられました。ロンドンオリンピック・パラリンピックのウェブサイトにはこの男性の紹介ページが設けられたのですが、その中では緘黙に関わる話が全体の記述のおよそ半分を占めていました。

※ ブログ記事・緘黙を克服し、ロンドン五輪の聖火ランナーに
新しいウィンドウで開く

[5~8月 ダイヤモンド・オンラインに、大人の緘黙症に関する記事が繰り返し掲載される]

『週刊ダイヤモンド』で知られるダイヤモンド社のビジネス情報サイトに「『引きこもり』するオトナたち」という連載があるのですが、その中で、大人の緘黙症に関する記事が4回にわたって掲載されました。ネット上では反響が大きかったです。

※ ブログ記事・ダイヤモンド・オンラインに“大人の緘黙症”の記事
新しいウィンドウで開く






緘黙・2011年の十大ニュース

2011年12月24日(土曜日)

私の独断と偏見で選ぶ、緘黙関係の2011年の十大ニュースです。繰り返しますが、私の独断と偏見によるものです。なお、過去にこのブログで記事にしたものについては、該当記事へのリンクも貼っています。

[第十位 緘黙経験者がモデルになったニュース(英)]

7月、緘黙だった少女(12)がモデルになったという話がイギリスのニュースサイトに掲載されました。なんでも、名のあるモデル事務所に所属されているそうです。この方はモデルになろうとしたのがきっかけで、緘黙を克服されています。

↓ こんな方です。可愛くて綺麗!
Tamzeng 2011 Winner
新しいウィンドウで開く

※ ブログ記事・モデルになった緘黙少女(英)
新しいウィンドウで開く

[第九位 教職員のための手引に、緘黙が]

8月、文部科学省が「教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引」を出しました。この手引の、保健室登校・不登校の解説の中で、場面緘黙症のことが触れられています。2ページほどです。問題は、どれだけの教職員がこの箇所を読み、実際の児童生徒指導の中で生かすかですが、どうでしょうか。

※ ブログ記事・「教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引」
新しいウィンドウで開く

[第八位 『児童心理』2011年3月号に、緘黙が]

金子書房『児童心理』にはときどき緘黙に関する記事が出るのですが、今年の3月号には、かんもくネットの角田圭子代表による「学校でうまくいかない子の人間関係 学校で話せない子--場面緘黙の子が抱える困難」(56-62ページ)という記事が掲載されました。広汎性発達障害との鑑別という、最近の国内での緘黙研究の話題についても書かれてあります。

※ ブログ記事・『児童心理』2011年3月号
新しいウィンドウで開く

[第七位 『心理臨床学研究』第28巻第6号に、緘黙のレビュー論文]

「場面緘黙研究の概観--近年の概念と成因論」(811-821ページ)。これも、角田圭子氏によるものです。『心理臨床学研究』は、日本心理臨床学会の学会誌です。

[第六位 米ABCニュースの報道番組Nightlineで緘黙が紹介]

Nightlineは有名な報道番組です。惜しむらくは、放送日によっては NHK BS1 で日本語通訳付きで放送されるところが、今回の緘黙の話についてはどうも放送されなかったらしいことです。日本でも緘黙がテレビで紹介されるということには、なりませんでした。ですが、大きなニュースです。

※ ブログ記事・ABCニュースNightlineで、緘黙が
新しいウィンドウで開く