場面緘黙症Journalブログ

場面緘黙(かんもく)症。選択性緘黙。学校など特定の場面で声が出ません。

「緘黙を教師に受け入れてもらえたことが、変化のスタート」

2016年12月18日(日)


イギリスの高級紙 The Guradian に16日、場面緘黙症を主題とする記事が掲載されました(電子版で確認)。ライターの Phoebe-Jane Boyd さんという方が、ご自身の緘黙経験を書いたものです。

大手新聞社のウェブサイトに掲載された記事とあってか、多数のコメントが寄せられています。その数は100件を超えます。

↓ The Guradian ホームページへのリンクです。
◇ A moment that changed me: a teacher’s acceptance of my silence (新しいウィンドウで開く

Boyd さんが緘黙を発症したのは80年代のことで、緘黙は25年ほど続いたそうです。認知が進んでいない成人期の緘黙経験者の記事が、高級紙 The Guradianに掲載された意義は大きいです。

記事では緘黙の解説を iSpeak のホームページから引いています。iSpeak は、大人や10代の緘黙者、その家族のためのイギリスの支援グループです。iSpeak の緘黙の説明には、緘黙が成人期にまで至る場合があることが書かれてあります。

イギリスの新聞記事で緘黙を主題としたものといえば、だいたい内容は決まっています。実例を挙げながら緘黙や支援法について専門家の意見を交えつつ、一般的な解説をするといったかたちがよくとられます。ところが今回の記事は経験者が書いたものゆえか、全く違った書き方になっています。Boyd さんご自身の緘黙経験談が、その内容のほとんどを占めています。

Boyd さんは緘黙のことで長年苦しみました。ところが17歳の時、ある英語教師から "It’s not a problem."(話せないことは問題ではない)などと言われ、それを受け入れてもらいました。これが、Boyd さんが声を出せるようになるスタートだった……というところで、この方の緘黙経験談は終わっています。

緘黙が受け入れられたことが、声が出るようになることへの転機になったという話は、よくよく考えると逆説的で興味深いです。ここからどのようにして Boyd さんが声が出るようになったかは書かれていないので、色々と想像してしまいます。

どちらにしろ、Boyd さんは話せないことで自分を責めたり、周囲の人(教師とか)が無理解だったりといったことが長く続いたようです。それだけに、話せないことを受け入れてもらえたことは、どんなにありがたいことだったろうと思います。


BBCのテレビ番組で緘黙、19歳当事者にも取材か

2016年11月23日(水)


19時台の番組で


イギリス BBC One のテレビ番組 "The One Show" で、場面緘黙症が取り上げられたようです。現地時間11月21日19:00~19:30の番組内の、1コーナーとみられます。

番組ホームページには「Joe Crowley が、場面緘黙症として知られる状態がある19歳の方と会う」(Joe Crowley meets a 19-year-old with a condition known as selective mutism)という記述があります。

↓ 公式ホームページ。Show more という箇所を開いてみてください。
◇ BBC One - The One Show, 21/11/2016 (新しいウィンドウで開く

※ Joe Crowley さんはこの番組のリポーターの一人です。
※ 公式ページには Watch now とありますが、イギリス国外に住んでいると、このページからは視聴できません。

19歳というと、成人当事者ということになります。この年齢の当事者に取材が行なわれたとすれば、その意義は大きいです。緘黙は子どものみの問題と見られがちだからです。


Twitter で確認できる大きな反響


Twitter では、イギリス在住の緘黙関係者とみられる方が、この番組について多数投稿しています。英語圏の国で、これだけ緘黙の話題が Twitter 上に現れるのは珍しいです(英語圏では Facebook の方が人気ありそう)。これらの投稿を見る限り、かなり好評だったようです。

Twitter の情報からは、番組内容の一部が窺い知れます。

○ 緘黙の認知向上に役立つ内容だったらしい
○ 教師に対する研修がなんたらかんたら
○ Dixons Music Primary というフリースクールに取材が行なわれたらしい

なお、あのカースティさんも、Twitter でこの番組について発言されています。


カースティさんは、2013年に日本テレビ『ザ!世界仰天ニュース』で、場面緘黙症の少女として取り上げられた方です。その後、ミス・イングランド、ミス・イギリスのタイトルを獲得。『私はかんもくガール』(らせんゆむさんのコミックエッセイ)の帯にも登場します。

Yahoo!特集記事に緘黙、兵庫労働局が不適切対応、反響大

2016年10月13日(木)


[2016年10月18日追記]

Yahoo!ニュースの特集記事ですが、続編が出ています。

◇ 本当に「処分は5人」だったのか―― 兵庫労働局の「不適切対応」問題で厚労省が虚偽説明 (新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

[2016年10月14日追記]

Yahoo!ニュースの特集記事ですが、一部修正されています。

「女性の障害は、広汎性発達障害の一種とされる『場面緘黙(かんもく)症』だった」

「女性の障害は『場面緘黙(かんもく)』症状を持つ広汎性発達障害」

* * * * * * * * * *


Yahoo!ニュースの特集記事で13日、場面緘黙症の成人当事者に関する記事が掲載されました。

↓ その記事へのリンクです。「発達障害」と書かれてありますが、本文には「場面緘黙症」とも書かれてあります。
◇ 兵庫労働局、発達障害の非常勤女性に「いじめ」「虐待」  〜前局長ら5人処分 障害者雇用推進の役所がなぜ? (新しいウィンドウで開く

記事の反響は大きく、Twitter や Facebook の投稿を検索できる「Yahoo!リアルタイム検索」では、本日20:00現在で「兵庫労働局」が話題のキーワード1位になっています。また、同21:00現在で、Yahoo!リアルタイムでの「兵庫労働局」検索ヒット数は1,000件を超えています。

話題のキーワード1位

この記事については、脳科学者の茂木健一郎氏も Twitter で発言されています。

↓ 茂木氏の Twitter 投稿へのリンクです。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ https://twitter.com/kenichiromogi/status/786503854867091457 (新しいウィンドウで開く

今回の記事はさすがに Yahoo! の特集記事とあって、よく取材されていてしっかり書かれてあります。ただ、「広汎性発達障害の一種とされる『場面緘黙(かんもく)症』」とありますが、そうした話は聞いたことがありません。法律上では緘黙が発達障害として扱われることがあるので、そこから誤ってこういう記述になったのか。それとも、もしかしたらこの女性が広汎性発達障害と緘黙を併せ持っていて、それを誤って一般化したことにより、こうした記述になったのか。

[2016年10月14日追記]

この広汎性発達障害に関する記述については、上述の通り修正されています。


今年度から障害者差別解消法が施行され、障害者への「合理的配慮」のあり方が問われる中、今回の記事には注目したいです。記事はまた、緘黙が成人期にまで至り、就労面で配慮を要する当事者の存在を伝えているという点でも注目したいです。




ブログトップへ

アクセスカウンター

HTML hit counter - Quick-counter.net

2015年12月3日再設置。

近々の予定

◇ ラジオ番組「若倉純 かんもくの歌声」第3回

日時:2月26日(日)23:00~23:15
ゲスト:manana さん
⇒ FM世田谷ホームページなどで聴けます

『校庭東風』上映情報

長野県、千葉県での上映決定。広島県ではイオンシネマでの上映決定。詳細は公式ページへ。 ※ 『校庭に東風吹いて』は、場面緘黙症の架空の少女が登場する映画です。

最近の記事

リンク

■ ココロのひろば
「場面緘黙」とネットで検索してもほとんど何もヒットしなかった頃に開設されたサイトです。長く更新停止しています。

■ 「話すことがむずかしいあなたへ」
自分を変えたい、話せるようになりたい--こうした緘黙の当事者向けに、そのための具体的な方法を示したマンガです。はやしみこさん作。

■ 場面緘黙症 - メンタルヘルスブログ村
多数の緘黙のブログが登録されています。

■ 緘黙の話
昔緘黙児だった主婦の方が、高校で克服するまでの想い出を綴られています。

■ 場面緘黙について考える-備忘録-
英国在住の元緘黙児の母親によるブログです。緘黙だった息子さんのこと、英国の支援、日々の暮らしの中での想いなどが綴られています。

■ 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
不安に関する心理学、脳科学的知見から緘黙症を考えています。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

ブログについて

Author:富条洋(ハンドルネーム)

注意!私は専門家ではありません。
また、「富条洋」はあくまでハンドルネームであり、本名は全く違う名前です。


ここは、個人ブログです。2005年11月に姉妹ブログで緘黙コンテンツを書き始め、2006年1月に緘黙コンテンツを独立し、このブログを開設しました。


書籍へのリンクは、Amazon.co.jpアソシエイト を用いています。


ブログもサイトもリンクフリーです。事前事後の許可は必要ありません。