障害者差別解消法と「合理的配慮」

2016年01月21日(木曜日)

アイキャッチ画像。
金子書房の雑誌『児童心理』2016年2月号に、金原洋治「場面緘黙がある子」が掲載されました(50~54ページ)。緘黙について概説したものでしたが、新しい話題として、障害者差別解消法や「合理的配慮」について書かれてありました。

そういえば、この法律については、まだ場面緘黙症Journal では取り上げていませんでした。今更という感もありますが、今回記事にしてみます。

障害者差別解消法とは


障害者差別解消法は2016年4月1日から施行される法律で、正式名称を「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」といいます。障害者基本法の基本理念にのっとり、障害を理由とする差別の解消を推進し、共生社会の実現を図ることを目的とした法律です(第一条)。

↓ この法律を分かりやすく解説したリーフレットが公開されています(PDF)。内閣府ホームページへのリンクです。
◇ 障害者差別解消法リーフレット  (新しいウィンドウで開く

↓ 条文や政府の基本方針の解説があります。内閣府ホームページへのリンクです。
◇ 障害を理由とする差別の解消の推進  (新しいウィンドウで開く

この法律が制定された背景には、障害に基づく差別(後述する「合理的配慮」の否定を含む)を禁止した「障害者の権利に関する条約」に日本が署名したことがあります。

合理的配慮とは


この合理的配慮という概念は、条約や今回の法律のキーワードの一つです。条約では次のように定義されています。

↓ 障害者の権利に関する条約が定義する「合理的配慮」(第二条)
障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないもの

これは、障害者の社会的障壁は社会が作るという「社会モデル」の考え方に基づいたものです。

障害者差別解消法の施行により、国公立学校を含む公的機関には、障害者に合理的配慮(条文では「合理的な配慮」)を行なうことが法的に義務化されます(第七条第二項)。民間事業者は努力義務です(第八条第二項)。

第七条 
2 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。

合理的配慮が行なわれず、障害者の権利利益が侵害される場合、障害者差別解消法が禁止する差別に当たります。





文科省、高校への「通級」導入を検討

2015年12月01日(火曜日)

アイキャッチ画像。
「通級による指導」を高等学校に導入するための検討を行なう文部科学省の第一回の会議が、先月17日(火)に始まったそうです。通級による指導は現在小中学校で行なわれているのですが、場面緘黙症の児童生徒はこの対象に含まれていることから、議論の行方によっては、緘黙の高校生も通級指導を受けられることになるかもしれません。

通級指導の高校導入検討のニュースは、実は先月17日(火)に、NHKや朝日新聞が報じていました。25日(水)には、教育新聞が報じています。ニュースには緘黙についてまでは触れていなかったようですが、みなさんご存じでしたか?(私は知りませんでした……)

↓ 教育新聞ウェブサイトへのリンクです。
◇ 高校の通級指導ニーズは高い 調査研究協力者会議が実施検討 (新しいウィンドウで開く

通級による指導とは、特別な支援が必要な比較的軽度の障害を持つ児童生徒を対象に、小中学校や中等教育学校の前期課程において、普通学級に在籍しながら、障害の程度に応じて行う指導のことです。「ことばの教室」といえばピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。緘黙(選択性かん黙)は「情緒障害」として、この対象とされています。ただ、通級には言語障害や自閉症など様々な児童生徒が通っていて、緘黙の児童生徒は一部にすぎません。

通級指導の高校への拡大は、少なくとも私が確認した限り平成21年度(2009年度)には、文科省の審議会で制度化が提言されていました(特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議高等学校ワーキンググループ)。平成26年度(2014年度)からは、モデル事業「高等学校における個々の能力・才能を伸ばす特別支援教育モデル事業」が、全国およそ20の高校で行なわれています。

今回始まった会議は「高等学校における特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議」というものです。5、6の会議とパブリックコメントの実施を行い、来春までには報告書をまとめる予定のようです。

リンク


↓ 今回の文科省の会議で配布された資料。
◇ 高等学校における特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議(第1回)配付資料 (新しいウィンドウで開く

↓ 平成26年度(2014年度)から始まったモデル事業。
◇ 自立・社会参加に向けた高等学校段階における特別支援教育充実事業 (新しいウィンドウで開く

↓ 「場面緘黙症Journal」用語集。
◇ 通級による指導 (新しいウィンドウで開く

緘黙についての「3つの放置」

2015年11月24日(火曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症のシンポジウムなどでお馴染みの奥田健次氏が、子育て情報サイトの中で、緘黙児と思われる小学3年生を持つ母親への相談に回答しています。

↓ 子育て情報サイト「あんふぁん」内のコーナー「奥田健次の爆裂子育てインフェルノォォォォオオウ」へのリンク。
◇ 学校で発言をしない娘、どうしたらいい? (新しいウィンドウで開く

奥田氏をご存じない方はページを開いてびっくりされるかもしれませんが、奥田氏はこの道の専門家で、回答内容もしっかりしています。

奥田氏の回答で私が特に興味深いと感じたのは、緘黙についての3つの放置という指摘です。

○ 「家庭における放置(自宅では喋るから問題ないとすること)」
○ 「学校における放置(迷惑をかけていないから様子見すること)」
○ 「行政による放置」

実に言い得て妙だと、思わず膝を打ちました。

特に、「行政による放置」を指摘した点が鋭いです。家庭や学校での放置は実際に目に見えて行なわれるもので気付きやすいですが、行政レベルでの放置は、この点気付きにくそうです。

私流に見方を変えれば、家庭レベル、地域(学区、校区)レベル、自治体・国レベルのそれぞれで、緘黙児への適切な支援が必ずしも行われていないと言うこともできるかもしれません。ソーシャルワークの専門用語を参考にして言うと、ミクロ・メゾ・マクロのいずれのレベルでも適切な支援が行われていない場合があるということでしょうか。

緘黙児に適切な支援が行われるようにするには、緘黙の啓発など様々な方法が考えられますが、それぞれのレベルによってその方法も違ってきそうです。行政レベルだと、啓発よりも、直接的な働きかけが主な方法になるかもしれません。

それにしても、「3つの放置」とは本当によく言ったものです。今度から引用したいです(もうしてますね)。

[追記(11月25日)]

表現を少し修正しました。


蛇足


緘黙RPG 1.20 の小規模な修正版 ver.1.21 を公開しました。敵キャラなど一部のグラフィックの画質が悪かったので修正しました。あと、警察イベントがあんまりだったので削除して、代わりにミニゲームを集めた「よい子のゲームセンター」(?)を作るなどしています。

↓ ゲームセンターのミニゲームの一つ「タイピングゲーム」をしている場面。サムネイルをクリックすると新しいウィンドウが開き、拡大画像を見られます(28.7KB)。



◇ 緘黙RPG(仮) ダウンロードページ (新しいウィンドウで開く