私は感動を与える存在だったのか?

2016年08月24日(水曜日)


※ 画像は記事とは関係ありません。

感動・頑張る障害者像


今年の夏も24時間テレビ「愛は地球を救う」(日本テレビ系)があります。ところが、ここでNHKが、24時間テレビの裏番組にこんな特集をぶつけてきました。

「検証!『障害者×感動』の方程式」

「なぜ世の中には、感動・頑張る障害者像があふれるのか?」その謎を徹底検証!

笑いは地球を救う

など、明らかに24時間テレビを意識した内容です。

これをテーマに掲げた番組は、NHK Eテレの障害者情報バラエティー『バリバラ』です。24時間テレビが感動のフィナーレに差し掛かる時間帯に生放送されます。

↓ 公式ホームページへのリンクです。
◇ NHK バリバラ | 放送予定 (新しいウィンドウで開く

障害ある方の頑張る姿が強調され、感動話にされることが多いことには、私も多少違和感を持っていました。障害ある方は、なにも健常者を感動させるために生きているわけではないでしょう。ですので『バリバラ』の企画は興味深い問題提起だと思います。

そういえば、似た経験をした


そういえば、私も学校で緘黙していた頃(診断は受けていません)、似た経験をしました。同級生らから「富条君はあんなにひどい引っ込み思案なのに頑張っていて、心動かされる」というような視線でしばしば見られたのです。実際は、大したことはしてなかったのですが……。

こうした経験を土台に、自作ゲーム「緘黙RPG」では、勇気を出して頑張る緘黙の主人公の姿に、緘黙に無理解だった同級生が心を動かされて理解者に変わるというイベントを、制作段階でエンディングに盛り込みました。ですが、没にしています。

その理由は、障害ある方を頑張る存在として強調し、感動の対象とする、よくあるストーリーを連想させるものだったからです。それに、特別頑張っている(ように見える)緘黙児がいるから、緘黙のことを理解するという展開もよくないと考えました。ならば、特別頑張っていない(ように見える)緘黙の人は、理解されなくてもいいのかという話になってしまいます。

ただ、緘黙だった人で、私と同じように感動を与える存在として見られたという人の話はあまり聞いたことがありません。もしかしたら、私の経験は珍しいものだったのでしょうか?

関連記事


↓ 「TABI LABO」へのリンク。
◇ 「障害者=感動のストーリー」ではありません。 車いすの女性コメディアンのスピーチが刺さる (新しいウィンドウで開く

↓ 「ログミー」へのリンク。
◇ 障害者は「感動ポルノ」として健常者に消費される–難病を患うコメディアンが語った、”本当の障害”とは (新しいウィンドウで開く

↓ 「PAKUTASO」へのリンク。今回のアイキャッチ画像はここが出所です。フリー素材で観光発信という興味深い企画です。なお、障害とは全く関係ありません。
◇ 佐賀県伊万里市の観光発信・フリー素材 (新しいウィンドウで開く

場面緘黙症の人に30の質問

2014年09月27日(土曜日)

アイキャッチ画像。リス。写真素材サイト PAKUTASO より。
俊太さんのウェブサイト「場面緘黙症専用」にある「場面緘黙症の人に30の質問」は、ご存じの方も多いと思います。これまで数多くの人がこの質問に答えてきました。その質問内容は、緘黙の程度に関するもの、いじめ、親や教師の対応など多岐にわたっています。

この30の質問は歴史があります。遅くとも2005年12月には既に存在していたようです。

※ 2005年12月当時の「場面緘黙症の人に30の質問」(Way Back Machine)
新しいウィンドウで開く

現在でもこの質問は利用されていて、例えば今年5月に沖縄県宮古島市で行なわれた「場面緘黙経験者を囲んでの座談会」では、講師の方がこの質問に沿ってお話しする場面があったそうです。

↓ 宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)さんのツイッターへのリンクです。

※ その1 (新しいウィンドウで開く
※ その2 (新しいウィンドウで開く

そもそも、この30の質問を作成・公開した「場面緘黙症専用」自体が歴史のあるサイトです。いつ開設されたのかは知らないのですが、2004年には既に存在していたようです。私が知る限り「緘黙」をタイトルに据えた日本初のサイトです(当時、場面緘黙症の専用のホームページがないという問題意識から作られたサイトだと、このサイトのどこかで読みました)。場面緘黙症専用がなければ、もしかすると場面緘黙症Journal も存在していなかったかもしれません。

ところが、私は場面緘黙症Journal を始めてもうすぐ丸9年にもなろうとしているのに、この30の質問にはいまだに答えたことがありません。というのも、私は場面緘黙症の人ではないからです。かつて学校などで話せなかっただけです。

ですが、私はこれだけ長く緘黙のサイトを続けてきたのですから、今現在緘黙かどうかなど細かいことにはこだわらず、一度ぐらいは答えてみてもよいのではないかと最近思うようになりました。自己紹介にはもってこいですし(9年近くこのサイトやって、今頃自己紹介?)、先輩サイトに敬意を払いたいという思いもあります。そこで、今回はこの30の質問に答えてみることにしました。






緘黙になったのには、意味がある?

2014年05月23日(金曜日)

アイキャッチ画像。素材サイトPAKUTASOより。
「今の自分が困難な状況にあるのは、天が与えた試練」

「自分が生き残ったのには、何か意味があるに違いない」

昔からよく聞く言葉です。「天が与えた試練」については、古くは『孟子』に「天の将に大任を是の人に降ろさんとするや、必ず先ずその心志を苦しめ」云々という、似た意味の一節があるほどです。

私は、自分の経験にこうした人生の意味を見い出そうとは、あまりしないタイプです。実際、困難な状況を経験したり、九死に一生を得るような経験をしたりこともありますが、それを自分の生きる意味と結びつけることはありませんでした。それとこれとは別と、分けて考えてしまいます。

私が緘黙を経験したのは、緘黙支援のために何かしろという意味?


とはいえ、「自分が場面緘黙症?を経験したのは、緘黙児・者支援のために何かしろという意味だろうか」と考えたことは、ないことはありません。

緘黙を経験する人は稀です。あまり知られておらず、周囲の無理解に悩まされたと訴える経験者は少なくありません。そんな緘黙を私は経験?したのです。これは、自分が緘黙支援のために人生の一部を捧げよという意味かもしれないと考えたくも、時にはなりました(もっとも、私ができることなぞ限られてますが……)。

私がこのサイトを立ち上げたり、5月は場面緘黙症啓発月間と訴えたりしているのも、それが一つの理由かもしれません。ただ、どちらかと言えば、もっと他の理由によるものではあります。自分が学校で話せなかった経験と生きる意味とは別の問題で、緘黙?になったことに特に意味はないと考えることの方が、やはり多いです。