『かんもくって何なの!?』を読みました

2017年05月14日(日曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症のコミックエッセイ『かんもくって何なの!?-しゃべれない日々を脱け出た私-』が、2017年5月10日に発売されました。この作品は、pixiv というイラストコミュニケーションサービスで話題になった漫画を書籍化したものです。

読み終えたので、早速感想を書きたいと思います。

本の基本情報


著者はモリナガアメさん。場面緘黙症を経験された方です。別名義で同人漫画を描いてこられたそうで、漫画が大変お上手です。私は漫画は詳しくはないのですが、プロレベルではと思ったほどです。それが今回の本出版で、「マンガ家 モリナガアメ[著]」と記されるに至りました。加えて、日本緘黙研究会会長で、上越教育大学大学院教授の加藤哲文氏が解説を行なっています。

出版社は合同出版です。合同出版といえば、2015年に『私はかんもくガール-しゃべりたいのにしゃべれない 場面緘黙症のなんかおかしな日常-』という、らせんゆむさんのコミックエッセイを出版した会社です。

ページ数は200ページを超えており、コミックとしては多いです。『私はかんもくガール』の1.5倍あります。


本の概要


本の内容は、モリナガアメさんが、場面緘黙症の経験を中心に、ご自身のことを幼稚園から振り返って描いたコミックエッセイと言えるのではないかと思います。緘黙だけではなく、機能不全家族に関する描写も多いです。また、この本のお話では、同人漫画が重要な鍵となっています。

描かれているのは、幼稚園や学校で話せなかった時期のことだけではありません。それは本書の前半部分で、後半では緘黙経験が長期にわたってモリナガアメさんに与えた影響が描かれています。

可愛らしい本の表紙や背表紙だけを見ると、まるでお子さま向けの漫画や絵本かと思ってしまいそうです。ですが、おそらく想定されている対象年齢はもっと上だろうと思います。10代後半から大人の方が読むとよいかもしれません。

本書は pixiv 版とは多少違いがあります。書籍版は「幅広い層に読んでもらうことを意識」「文字校正・加筆修正済 書き下ろしもあり」とのことです(モリナガアメ, 2017年4月22日)。加藤氏の解説も、書籍版のみです。

※ なお、モリナガアメさんは「育った環境上、『家庭の問題』も多く出てきますが、場面緘黙への発症には必ずしも家庭環境が関係しているとは限らない事は、ご理解いただければと思います」と書かれています(4ページ)。この点は繰り返し強調されています。


感想






『学校における場面緘黙への対応』を読みました

2017年05月14日(日曜日)

アイキャッチ画像。
学校における場面緘黙への対応-合理的配慮から支援計画作成まで-』という本が2017年3月に出版されました。この本を読んだ感想のようなものを書いてみます。私は専門家ではないので、書評というほどのものは書けません。

本の基本情報


まず、本の基本情報ですが、著者は長野大学准教授の高木潤野氏です。巻末の著者紹介には、博士(教育学)、臨床発達心理士、専門は言語・コミュニケーション障害云々とあります。表紙のイラストは、長野大学非常勤講師の臼井なずな氏が描いたものです。

出版社は学苑社です。学苑社は、緘黙に関する本を多数出版しています。

この本は2017年3月2日に複数のネット書店で発売されたのを確認していますが、巻末には「2017年3月10日 初版第1刷発行」とあります。

なお、この本の研究成果の一部は、公益財団法人ユニベール財団「平成25年度研究助成」および、公益財団法人博報児童教育振興会「第11回 児童教育実践についての研究助成」の助成を受けて行われたものだそうです。


本の概要


本の内容ですが、「本書で示したのはマニュアルでも正解でもない。強いて言えば、すべて『アセスメントのための視点』である」(5ページ)と書かれています。読者の対象として、主に学校の先生が想定されています(183ページ)。

臼井なずな氏が手がけた表紙イラストからも窺えるように、小学校のみを念頭に置いたものではなく、幼稚園から高校までカバーしています。ただ、特に記述を割いているのは、小学校と中学校での対応のあり方のように思います。


感想






あの本が、10代の緘黙支援に活かせる?

2017年04月07日(金曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙も扱った、あの本


先月ご紹介したイスラエルやイギリスの場面緘黙症の本には、10代など年齢が上の緘黙支援に関する記述が盛り込まれていました。特にイスラエルの本の記述は、80ページに及ぶものでした。緘黙支援というと、おおよそ10歳未満の低年齢の子どもに焦点が当てられることが多いのに、これは珍しいです。

ところが、それらの本で書かれてあった支援法とある程度重複する内容が、あの日本の翻訳書の中で紹介されていたことを思い出しました(うっかり忘れていました)。その本は、『親子でできる引っ込み思案な子どもの支援』です。

親子でできる引っ込み思案な子どもの支援
クリストファー・A・カーニー
学苑社

この本は緘黙も扱っており、緘黙に関心のある方の間ではある程度知られているのではないかと思います。表紙の絵も『どうして声が出ないの?』『なっちゃんの声』でお馴染み、かんもくネット事務局のはやしみこさんが担当されています。

ただ、緘黙を主題とした本でないせいか、緘黙に関わる人の間で話題になることはやや少ない印象を受けます。私もこの本についてはちょっと読み込み不足で、盲点でした。


呼吸法、筋弛緩、心配事の検討……


この本には「リラクセーションと現実検討力の支援」と題する、28ページからなる章があります。そこで紹介されているのは、呼吸法、筋弛緩、心配事の検討といった技法です。これらは、冒頭でお話したイスラエルやイギリスの緘黙の本で、年齢が上の緘黙児者への技法として共通して取り上げられています。

また、第5章では「ソーシャルスキルの促進」と題する、32ページからなる章があります。イスラエルの緘黙の本では、日本でいう緘黙の後遺症にあたる記述の中で、起こり得る問題の一つとして不十分なソーシャルスキルが挙げられています。また、そのイスラエルの本では、ソーシャルスキルを高めるための「ロールプレイ」という技法の紹介が少しだけありますが、これは『親子でできる……』の中でも紹介されています。

※ ただ、ソーシャルスキルは、何も10代以降の緘黙当事者・経験者のみの問題ではないのではないかと個人的には思います。私は専門家ではないので、よく分からないのですけれども。また、全ての緘黙当事者・経験者に、ソーシャルスキルへの支援が必要というわけではありません。


もともと10代の子どもへの支援も視野に入れた本だった


『親子でできる……』は、実は10代の子どもへの支援も視野に入れた本です。もっとも、緘黙に特化した本ではないので、10代の緘黙特有の問題については掘り下げられていません。また、これ1冊で10代の緘黙支援は十分とも思えません。ですが、もしかしたら何か活かせるものがこの本にあるかもしれません。

なお、似た本に『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』があり、この本でも上の技法が紹介されています。そのうち認知の介入(心配事の検討)については、より発話の問題に特化した内容になっています。ただ、全体として『先生とできる……』ほどのページ数は割かれてなく、他の説明が多いです。

先生とできる場面緘黙の子どもの支援
クリストファー・A・カーニー
学苑社