電話でロボットと会話する取り組み(英国)

2017年09月05日(火曜日)


緘黙児者にとって、ロボットは人より話しやすい?


緘黙症(かんもくしょう)という、家庭の外など特定の環境で話せなくなる症例の子どもも、ロボットに対してであればどこでも積極的に会話をするようになります。ある子どものご両親は、「うちの子がこんなに楽しそうに話しているのを初めて見た」と涙を流して喜んでいました。

日本のロボット工学の第一人者である大阪大学の石黒浩教授(栄誉教授)は、インタビュー記事の中でこう語ります(石黒, 2017, p. 143)。

緘黙児者とロボットの会話について、学術的検証がどこまで進んでいるかは、不勉強なもので知りません。

ただ、ロボットと会話する取り組みについては、イギリスの緘黙治療マニュアル The selective mutism resource manual (第2版)でも示されています(Johnson and Wingtgens, 2016)。この本はイギリスの緘黙支援では定番で、今年出版されたイギリスの本の邦訳『場面緘黙支援の最前線』でも、『場面緘黙リソースマニュアル』という訳で繰り返し登場します。

そのロボットと会話する取り組みは、電話によるものです。イギリスには音声認識ソフトを使った電話案内があり、該当する電話番号にかけると、人間ではなくロボットが出るそうです。話しかけるとロボットが音声を認識し、回答をします。具体例として TrainTracker™ という、列車の運行情報の問い合わせサービスが紹介されています。

これは、電話を使った取り組みの一つとして位置づけられています。スモールステップで人と電話で会話できるようにして、最後は直接人と会話ができるように持って行く取り組みです。その中の一段階として、このロボットとの会話があります。本格的に電話で人と話をする前に、ロボットとの会話を挟むわけです(ただし、ロボットではなく留守番電話を使うなど、別の電話の方法もあります)。


ロボとの会話、緘黙支援で生かすことはできないか


このようなロボットが電話に出るサービス、日本にもあれば緘黙支援に生かせそうですが、果たして日本にはあるのでしょうか。私は知らないのですが、何しろ私は世間知らずなもので。

電話をかけると機械音声が出るというサービスは、私も何度も経験があります。ただ、それは音声認識ソフトではありません。「……の方は1を、……の方は2を押してください」というように、電話のボタンを押してこちらの意思を伝えるものです(これのおかげで、電話の会話が苦手な私は助かってはいます。緘黙児者も、これなら家から電話できるでしょう)。

日本でロボットが出る電話の存在は私は知らないのですが、人間の音声を認識して会話できるアプリは身近にあります。例えば、Siri というアプリは有名です。また、人間と会話ができるロボットも発売されています。最近はAI(人工知能)の活用が進展していることもあり、ロボットと会話できる機会はこれから少し増えていくかもしれません。会話とはやや違うかもしれませんが、AI を搭載した「スマートスピーカー」は、今話題でもあります。

こういったものを緘黙支援で役立てることはできないだろうかと思います。



「緘黙RPG」フルプレイ動画を公開します

2017年09月03日(日曜日)


緘黙RPGのプレイ動画の公開を始めたいと思います。今回は、エンディングまでのフルプレイ動画です。RPGの公開から1年7ヶ月も経ったので、もう内容を明かしてもよいでしょう。需要があるかは分かりませんが、せっかく作ったので。

↓ ともに場面緘黙症Journal 内のページへのリンクです。

◇ プレイ動画part1「オープニング」
新しいウィンドウで開く

◇ プレイ動画part2「家に友達を呼んで、スライム遊び」
 (新しいウィンドウで開く

◇ プレイ動画の目次
新しいウィンドウで開く

part12ぐらいで、エンディングに到達するだろうと思います。これから少しずつ公開を進めていきます。毎週日曜に、動画を2つ公開するのが目標です。

動画の演出はダウンロード版、音楽は PLiCy版(ブラウザ版)寄りです。素材の利用規約の関係で、ダウンロード版にもブラウザ版にもない音楽も使っています。特にpart1は、これまでにない音楽が多いです。

それから、上のページには、ゲーム中の各場面について、作者である私の説明的なコメントを加えています。作者の意図などを書いています。

同人ゲームの作者が、自らフルプレイ動画を公開することはあまりないのではないかと思います。ですが、緘黙RPGは、もともとゲームを使って緘黙のことについて表現できる可能性があることを見ていただきたくて作ったものです。この目的に照らし、フルプレイ動画を公開することにしました。

動画はYouTubeで公開しましたが、限定公開の設定にしてあり、YouTubeやGoogleを検索してもヒットしないようになっています。見ていただくと分かるのですが、私はゲーム作りには慣れていないので、ゲームそのものの出来は初級者レベルです。あまりおおっぴらに見せるようなものではないと自分では思っています。要するに、恥ずかしいです。

「緘黙RPG」は、学校などで声が出ず、話せない緘黙の小学生が、スモールステップで活動・発話場面を拡大していくロールプレイングゲームです。


「台灣選擇性緘默症協會」が誕生

2017年08月28日(月曜日)


台湾で、緘黙の団体の設立大会が開かれる


沖縄本島や宮古島から見ると、台湾は地理的には本州より近いです。台湾は場面緘黙症への関心が高いようで、Facebook の非公開グループ「選擇性緘默症者&家長&老師的討論區」には、2,000人近いメンバーが集まっています。

その台湾で8月27日、緘黙の団体の設立大会が開かれました。団体の名称は「台灣選擇性緘默症協會」、英語名は Selective Mutism Association of Taiwan (SMAT) です。

◇ その団体の準備会のブログ (新しいウィンドウで開く
◇ 団体設立に関する、現地のニュース1・ニュース動画あり (新しいウィンドウで開く
◇ 団体設立に関する、現地のニュース2 (新しいウィンドウで開く

[追記(2017年9月5日)]

◇ その団体の Facebook ページ (新しいウィンドウで開く


このニュースについては、他にも複数の現地メディアが報じています。

と書きましたが、実のところこの団体については、私には詳しく分かりません。調べようにも中国語は読めず、機械翻訳で部分的に読み取れる程度です。ですが、分かる範囲で書きたいと思います。よく分からない箇所もあり、少し慎重な書き方をしていますが、詳しくお知りになりたい方は、団体の準備会のブログや、下記の黃晶晶氏のブログをご覧ください。


理事長(会長?)に、黃晶晶氏


まず理事長(会長?)には、黃晶晶(Anita Huang)氏という方が就任したそうです。

◇ 黃晶晶氏による、緘黙をテーマとしたブログ (新しいウィンドウで開く

※ 上のブログでは、著者名は Ms. SM となっています。ですが、TAAZEの翻訳書のページ(後述)には、黃晶晶氏がこのブログを運営していると書かれてあります。

この方は、イギリスの緘黙の本 Selective Mutism in Our Own WordsThe Selective Mutism Resource Manual を台湾の読者向けに翻訳した方です。TAAZEの翻訳書のページによると、医師などの臨床家ではなく、英語の翻訳をご専門とした方のようです。団体の発起人の一人でもあります。

なお、黃晶晶氏についてはこのブログでも一度ご紹介したことがあります。ドイツの緘黙専門誌が、世界の緘黙を特集したときのことです。アジアで唯一取り上げられたのが台湾の緘黙に関する動向で、同氏はその時の寄稿者でした。

◇ 世界10カ国の緘黙支援者らが… (新しいウィンドウで開く


団体設立までの経緯


団体が設立されるまでの経緯について、分かる範囲で簡単にまとめます。

2017年3月
台湾内務省が、団体設立を承認

2017年4月
会員の募集開始

2017年5月
プレスリリース発表、メディアの記事に団体が登場

2017年8月
団体が正式に成立

急ごしらえではなく、ある程度時間をかけ、段階を踏んで設立に至ったことが分かります。

[追記(2017年9月11日)]

下記の記事によると、冒頭でお話した Facebook グループ「選擇性緘默症者&家長&老師的討論區」が、この団体の前身だそうです。この Facebook グループ、今見たらメンバー数が2,000人を超えていました。

◇ 不說話的孩子》選擇性緘默症 溺水也無法呼救 (新しいウィンドウで開く


国際交流の促進も


それから、団体の「目標と使命」には、国際交流の促進も挙げられています(最後の方の小さい扱いですが)。もしかすると日本の団体と関わる機会もあるかもしれません。

ただ、この団体の関心は、今のところ日本よりも、イギリスやドイツにあるような気が私にはします。台湾では近年イギリスの緘黙の本の出版が続いていますし、理事長(会長?)に就任した人物も英語の専門家です。また、団体の準備会が2017年5月に発表したプレスリリースには国際交流の促進についても書かれてあるのですが、そこに記されていたのは、団体の発起人が前年10月にドイツの緘黙団体の創設者 Michael Lange 氏と対談したことでした。


最近の台湾の緘黙をめぐる動向


ついでですので、最近の台湾における緘黙をめぐる動向について、少し書いてみたいと思います。団体とも関わりがないこともないので。